これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

転職活動でも偏差値があるって知ってた?

社会人になると偏差値という言葉を
あまり聞かなくなりますが学生時代はよく聞きましたよね。

 

偏差値によって、
受けられる大学、受けられない学校が決まっていました。

 

就職活動になると、
誰でもどこでも応募できるのか?

 

というと、
実は少し違います。

 

偏差値のように
はっきりと目に見えるものではありませんが、

 

ある程度の
採用する基準というのもはあるようです。

 

SPI2もある程度の基準になっているようですが、
これができていても絶対に採用にはならない人もいれば、

 

SPI2は悪い点数だったのにも関わらず、
採用試験には合格するという人もいます。

 

つまり、
採用の基準をどこにおくのか?は

 

応募した企業によって、
異なるということです。

 

ですからどんな基準があるということを
一概に「こうです」とは言えませんがただ一つ言えるとするなら、

 

「仕事ができそうかどうか?」
ということが採用の基準になっていることは間違いありません。

 

面接で一生懸命考えた自己アピールをしても、
単に面接で世間話をして終わった人が内定を勝ち得ることもあります。

 

この場合は、
おそらく営業面でのスキルが評価されたのでしょう。

 

面接官と仲良くなるということや、
そのような緊張の場面で場を和ませることができるのは、

 

仕事をするうえで、
非常に強みになります。

 

つまり、世間話をしただけで、
この人には営業としての素質があると見抜かれた訳です。

 

極端なことを言えば、
的確にスキルをまとめた言葉を並び立てるよりも、

 

その場でスキルを発揮した方が、
内定に繋がりやすいということです。

 

最近では、
東大などの大学を卒業しても、

 

その肩書きだけでは、
就職できない時代でもあります。

 

それは肩書きよりもこのような
コミュニケーション能力などを重視するようになってきたからです。

 

勉強の偏差値ではなく、
ビジネスマンの素質という点では

 

見えないところで
偏差値があるということです。

 

この辺は、その人事担当でなければ分かりませんが、
長年培ってきた目で人を見ればある程度の偏差値が分かるようです。

 

自分はまだこの部分が足りないな・・・
という弱みがあるのであればそれを磨きながら

 

転職活動をしていった方が、
内定にも繋がりやすくなるばかりか、

 

転職後の仕事にも
十分に生かしていけるはずですよ!

 

 

 

 

転職活動でも偏差値があるって知ってた?関連ページ

転職活動でもSPI2テストが実施されるの?