これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

転職活動でもSPI2テストが実施されるの?

新卒で入社試験を受けた時に、
SPI2検査を受けた人も多いと思います。

 

SPI2というのはリクルート社が作った
就職採用テストなのですが最近では中途採用、

 

つまり転職活動でも、
この試験を実施している会社が増えてきています。

 

これまでは書類選考や、
面接に受かれば採用されていたところが、

 

その後に適正試験が待ち受けていた・・・
という落とし穴にまんまとひっかり落とされてしまうこともあります。

 

そうならない為にも、
これから会社を辞めて転職活動をしようと思っている人や、

 

すでに転職活動に動き出している人は、
SPI2試験をなめてかかることは非常に危険です。

 

しかも新卒社員と中途採用(転職者向け)
に出されるSPI2テストは少し違う傾向があるようです。

 

なんと、新卒者向けのSPI2試験よりも
転職活動における中途採用者向けのSPI2試験の方が難易度を

 

高く設定している
会社も多くあるので甘く見ていると痛い目にあります。

 

ですから今から
しっかりとSPI2対策をしていなければいけません。

 

ここであなたの今の実力を
簡単にチェックできる無料の実力テストを紹介しますね。

 

それは、転職者向け!
「SPI2対策模試テスト」です。

 

このSPI2対策模試テストでは、
転職活動での出題率が高い基本的な対策にもなります。

 

例題は9問ありますが、
15分で回答する実力テスト形式です。

 

 

 

SPI2試験はだいたいの回答時間が
制限されていますから時間との勝負が鍵になります。

 

ですからあらかじめどのくらいの時間を使って、
どんな問題を解いていくのかということに慣れておく必要もあるんです。

 

テストを受けるだけではなく、
さらに各分野における問題を個別にチェックもできるので、

 

SPI2を勉強するのにも
最適なツールなのではないでしょうか?

 

会社を辞めて転職活動を始めてから、
SPI2の問題対策をするのも時間が限られています。

 

早く就職先を探さないといけない状況にいながら、
悠長に試験対策をとっている時間はありませんよね?

 

ですから、
会社を辞めることを考えている人、

 

転職活動をそろそろ始めようと思っている人は、
先にこのようなSPI2対策模試テストを受けてみて、

 

自分にはどの程度の
実力があるのかを先に知っておくといいですよ。

 

 

 

転職活動でもSPI2テストが実施されるの?関連ページ

転職活動でも偏差値があるって知ってた?