これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

転職しやすい時期はいつ?

これまでなら、転職するには、
3月10月の人事異動がある時期に転職するのがいいと言われていました。

 

しかし、最近では1年中募集をかけている企業も多く、
いい人材が見つかれば採用するというところも増えています。

 

ですから、特にこの時期なら
転職しやすいとう時期はないようです。

 

逆に言えば、転職する人にとっては、
1年中転職するチャンスがあるということですよね。

 

しかし新卒採用と違い、
転職にはタイミングが重要ということです。

 

企業側が募集をかけている時期が
ずっと続くという訳ではないということを覚えておきましょう。

 

転職はいわゆる早いもの勝ちな部分が強くあります。
転職したい企業があうるのであれば求人情報が出ていないか?

 

常にチェックしその企業の
動向を把握しておくことで転職するチャンスが巡ってきます。

 

とはいっても、
転職をする人が多くなる時期というのはあります。

 

それは、1月、2月、6月、9月、10月です。
4月からの採用を目指して1月2月に転職活動を始める人、

 

夏のボーナスを貰ってから転職活動をする人が6月、
半期終了時期で転職活動を始める人が9月10月に多くなるようです。

 

つまり、この時期は転職活動を始めやすいと同時に、
転職ライバルが多くなる時期と言い換えることもできますね。

 

求人が多くなるのも10月や2月が多くなり、
このタイミングで辞めていく人も多いためと考えられます。

 

転職活動をする際は、
このような動向もチェックしておくといいでしょう。

 

ちなみに、半期終了時点の10月からは、
即戦力を求めて人材募集をしている企業が多いようですので、

 

同業職への転職を考えているのであれば、
この時期が狙い目かもしれません。

 

一方、未経験の業種への転職を考えている人にとっては、
10月からの転職は即戦力を求めているため難しい時期です。

 

その代わり、7月、8月という時期は、
新卒の若者達が辞めていくなどという時期ともかぶり、

 

その変わりに社会に慣れている中途者を
採用してもらう確率も高くなると言われています。

 

しかし、あくまでも統計であり、
確実に採用されるかどうかは分かりません。

 

それにこの時期は企業の募集も少ないので、
自分の行きたい企業に出会えるかという問題もあります。

 

どちらにせよ、
転職する際は常に企業から募集がかかっていないか?

 

という情報がいつでも入ってくるように、
チェックを欠かさないことが最も大切です。