これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

転職する時の採用基準ってどんなものがある?

高校受験や大学受験をしたことありますか?
そういう時って一斉にテストを受けて偏差値が出ますよね。

 

偏差値の高いところは、
受けても落ちるから受けられなかった…という経験のある人いませんか?

 

いわゆる偏差値という目に見える形で、
基準をつくって振るい分けを行っている状態です。

 

しかし、転職活動の場合は目に見える
「基準」というものは存在しませんよね。

 

しかし、採用側からすると、
いくつかの「採用基準」があるのは確かです。

 

1人採用の案件に、
10人が応募した時、

 

採用された1人は、
その基準を満たしていたということになります。

 

それなら初めから「採用される基準」を
知って事前に準備しておけば採用確率は上がりますよね。

 

では、採用側はどんな基準で、
面接者や応募者の振るい分けをしているのか?

 

というとそればずばり、
自分の会社や企業にメリットのある人材か?どうかです。

 

もっと簡単に言えば、
仕事ができて採用することで利益は上がるのか?

 

ということが重要です。
これって本当に単純なことですよね。

 

自分が社長だとしたら、
利益を出さない人に払う給料はもったいないですし、

 

逆に利益を出してくれる人間がいれば、
会社の業績自体が上がるので大きなメリットを得られます。

 

面接を行う時に色々と質問が交わされますが、
根本的な部分で言えば「仕事ができそうかどうか?」を基準にしている訳です。

 

仕事ができそうかどうか?
の基準はもちろん会社によって違います。

 

肉体労働系の仕事であれば、
体つきがいいとか、筋力があるというものを見るかもしれません。

 

出版会社など遅くまでの勤務が多い職場では、
その作業をこなせる体力があるか?体は弱くないか?という部分も重要です。

 

つまり、企業や業種によって、
採用基準というのは違うんですよね。

 

ですから、自分がこれから受けようとしている会社や
業種ではどのような人材が求められていて「何が基準になっているのか?」

 

という部分を、
しっかりと勉強しておく必要があります。

 

そのためには、
自分自身のことを把握しておく必要がありますよね。

 

自分に向いている仕事を見つけるには、
企業の採用基準に当てはまるものを選べば、

 

それがそのままあなたのスキルを活かせるものだったり、
知らないうちに自分が求めていた職場であることもあります。

 

もし、自分のことを
まだよく分かっていないというのであれば、

 

@typeという人材派遣会社が提供している
「転職力診断テスト」というのを受けてみるといいですよ。

 

自分では気が付かなかった、

 

・自己分析力
・企業分析力
・交渉・説得力
・ビジネス基礎能力
・将来ビジョン策定能力
・タイミング把握力

 

をしっかりと分析してもらえます。

 

登録も無料でできますし、
登録すればこれ以外にも様々なチェックツールが使えるのでおススメですよ。

 

 

転職する時の採用基準ってどんなものがある?関連ページ

転職力診断テストで何が分かるの?
転勤が嫌になって会社を辞めたい人は?