これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

リストラ問題は、
一時期社会問題にもなりましたが、

 

今の時代は、
リストラがあって当然と思っている人も多いかもしれません。

 

バブルの時代のように会社の経費でなんとかなるという時代は終わり、
なんでもかんでも経費削減に追われている会社が多いのも事実です。

 

しかり、当然ながらリストラというのは、
最終手段であるべきことだと私は考えています。

 

やはり会社というのは、
そこで働いてくれる人がいるからこそ成り立っていますよね。

 

人員削減によって、
給料を削減するのが一番手っ取り早い方法です。

 

しかし、その前にも経費削減対策を
取っているのか?どうかで大きく変わってきます。

 

本当に社員のことを考えている会社であれば、
リストラを少しでも少なくて済むように厳しく経費削減を徹底しています。

 

通常業務の中で
経費削減を厳しく行っていないのにも関わらず、

 

リストラばかりをして、
経費削減をしている会社は、

 

偏見かもしれませんが、
要は社員は会社の駒として見ているのも同然だと思いませんか?

 

さらにリストラが頻繁にある会社であれば、
経費削減とは別に人間関係のこじれによって、

 

単にクビを切られてしまった・・・
というケースも実際はあるはずなのです。

 

ですから、
就職したもののリストラが多いな・・・

 

と感じたらまずは人間関係もよく観察してみましょう。
いろんなところで派閥が出来上がっていたり、あの上司に逆らった人は、

 

必ずリストラされる・・・
ということがあれば間違いなくブラック企業です。

 

経費削減のためにリストラが行われるのは、
今後なくならないと思いますし最終的な手段として必要なのは分かります。

 

ですが頻繁にリストラが行われていては、
いつ自分がその対象になるのか?とビクビクして仕事をしないといけませんん。

 

また残された人員でこれまでの仕事を行うので、
労働時間は厳しくなり残業ばかりが増えて給料が上がらないということもあります。

 

ですから結論としては、
リストラが頻繁にある会社であれば、

 

まだ在職しているうちに、
転職活動をして早く転職した方がいいでしょう。

 

残業時間が長すぎて求人情報を見るヒマもない・・・
という人はリクナビネクストに登録するのが一番です。

 

なぜなら登録も無料でできる上に、
自分の職務経歴書(レジュメ)を登録しておけば、

 

自分のスキルや経験、または希望にそった
求人情報が勝手に送られてくるからです。

 

膨大な求人情報の中から希望のものを見つけるのは
ある程度の時間がかかりますが送られてくるものに、

 

目を通すだけなので、
時間もかからず在職中であっても転職活動が可能なのです。

 

これから会社を辞めて
転職活動を行おうと考えている方は

 

ぜひ転職サイトを
十分に活用していって下さいね。