これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

有給休暇を取らせてもらえなくて会社を辞めたい場合は?

会社によっては、
有給休暇をとらせないところがあります。

 

しかし、本来は有給休暇を取得できないというのは、
労働基準法に違反しておりあってはならないことです。

 

それでも会社の風潮で、
有給休暇をとらせてもらえないということで、

 

もうこんな会社辞めてしまいたい・・・
と考えている人も多くいると思います。

 

在職中に転職活動を行うとしても、
面接を受ける場合は有給を使って平日に受けることもありますし、

 

まずは、しっかりとした態度で、
有給休暇を申請するということが重要になってきます。

 

有給休暇を申請するにあたって、
なぜ休むのか?を記入する欄がある会社もあります。

 

ですので何の疑問もなく記入してしまっていますが、
本来であれば「なぜ休むのか?」を申告する必要はないのです。

 

どうしても書かないといけない場合は、
「私情の都合による休暇」という風に書きましょう。

 

休む季節や曜日によっては、
どうしてもこの日は人手が足りないから別の日ではダメか?

 

と聞かれることもあるかもしれません。
他の社員に迷惑をかけることになり心苦しい思いをするかもしれませんが、

 

転職活動を行うのであれば、
強い気持ちを持って有給申請をしましょう。

 

あなたには有給休暇をとる権利があります。
もしそのことで風当りが強くなるのであれば、

 

有給を使うということが悪いと
捉えられている会社や社員のいる現場だということです。

 

転職をすれば、
自分の権利である有給休暇を自由に取得して、

 

プライベートと仕事の両立を
しっかりととっている会社や企業も多くあります。

 

求人情報を見ても、
有給休暇ありと書かれているだけでは、

 

本当に有給を使わせてくれる会社かどうか?
ということまでを見抜くことは不可能に近いです。

 

そのような場合は、
転職サイトの転職エージェントに聞いてみましょう。

 

自分の希望する次の転職先が、
「有給休暇を自由にとらせてくれるところ」

 

であるのならば、
ある程度求人を絞ってから、

 

ここの会社は、
有給を使えるところかどうか?

 

というのを
転職エージェントに聞いておくのです。

 

大抵の場合は、
会社の内情まで把握しているので教えてもらえるはずです。

 

このようにして転職活動を進めていかなければ、
転職をした次の会社でも同じような環境に陥ってしまうことがあります。

 

ですから会社の内情を知っている
転職エージェントに相談することはかなり重要なことなのです。