これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

休みが少なくて会社を辞めた場合の退職理由は?

平日返上で働きっぱなし・・・
サービス残業で毎日が深夜帰り・・・

 

このように仕事の時間が
プライベートの時間を減らしてしますことがあります。

 

このようなケースで、
「休みが少ないから転職したい」と考える人は多いはずです。

 

とはいっても、
そのまま「以前の会社は休みが少なかったので退職しました」

 

と伝えてしまっては、
マイナスのイメージですよね。

 

そんな時、どんな風に
退職理由を変換したらいいのかアドバイスをしたいと思います。

 

退職理由は転職の志望動機に
繋がるように変換するのがポイントです。

 

例えば、
このようにしてみてはいかがでしょうか?

 

「以前の会社では大きな仕事を任されていました。
休日も出勤することが多く、深夜まで残業することも多っかたです。

 

仕事ではとても遣り甲斐を感じていたのですが、
できればプライベ−ドで家族との時間も増やしたいと思っています。

 

いい仕事をするにはプライベートを
充実させることも重要だと考えているからです。

 

そのための改善策を以前の会社でも試みてみましたが、
少し難しそうだったため退職を決意し転職をすることに決めました。」

 

というのはいかがでしょうか?
採用者にも家族がいる人が多いので共感できる部分があるはずです。

 

そして何より仕事時間が長いということを
ネガティブに伝えるのではなく「遣り甲斐を感じていた」と

 

伝えていることで、
マイナスの印象も払拭していますよね。

 

退職理由を述べる時は、
前向きな意見を入れるといいと言われています。

 

ここでは「家族に貢献したい」ということが
前向きの印象を与えていますし、「改善策を試みた」

 

ということでも、
自分で考えて行動するということをアピールできています。

 

独身の場合はこの方法は使えませんが、
このような言い回しをすることも可能です。

 

「以前の会社では休日返上で働くことも
多くたくさんのことを学ばせて頂きました。

 

自分の持っている時間でどれだけの仕事ができるのか?
ということを把握しながら勧めていくこともできるようになりました。

 

この経験は次の職場でも
活かしていけると思っています。

 

さらに仕事だけではなくプライベートの時間を増やして
両方を充実させていくことで仕事の能力も上がると思っているため、

 

今の職場を退職し、
新しい職場への転職を希望することにしたのです。」

 

というのはどうでしょう?
いかにして「休みが少なかった」ということを

 

ポジティブに変換するか
がポイントとなっています。

 

休みなく働いていたということは
ツライ環境で耐えてきたということです。

 

それを自分の強みにできれば、
しっかりと自己アピールに繋がるはずですよ!

 

 

休みが少なくて会社を辞めた場合の退職理由は?関連ページ

給料が安いことに不満で退職した理由はどう説明する?