これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

履歴書には全ての職歴をかかないとダメ?

すでにこれまでに
いくつかの転職を経験している人もいますよね。

 

そんな人の場合、
短期間で辞めてしまった経験もあるのではないでしょうか?

 

例えば、入社してすぐに環境が合わずに
使用期間の3か月で退職してしまった・・・

 

などの経験がある場合、
これを履歴書に書くべきかどうか悩みますよね?

 

また様々な業種を転々とし、
ひとつの仕事が長く続かない人もいるかもしれません。

 

まず、採用者側が懸念していることは、
やはり「入社してすぐに辞めてしまわないか?」ということです。

 

でうから、やはりこのように
転職を何回も繰り返していたり、

 

一つの仕事に
長く就いておくことができない・・・

 

という人は
履歴書を書く場合に注意が必要です。

 

経歴を偽ってしまうと
問題になってしまいますのでそれはおススメできません。

 

ではどうすればいいのか?というと、
多数の仕事を経験したことで自分の能力が上がった!

 

という点をアピールすることが重要です。
職務経験が多いということも裏を返せば評価に繋がるのです。

 

どうして辞めてしまったのか?
ということを羅列することよりも、

 

「どんな環境でも順応できる」
「短期間ではあったが、〇〇のスキルを身に着けた」

 

などのように
アピールすることが大切です。

 

転職を繰り返している人の場合は、
「この企業では長く働けますよ!!」ということを伝えるのが一番です。

 

転職回数が多いというだけで、
採用してもまた転職してしまうのでは?

 

と人事や担当の方に懸念されてしまうため、
採用された場合の自分なりの長期目標やどんなことに貢献したいのか?

 

という部分を
しっかりとアピールできればいいですね。

 

まず大切なのは、
「またすぐに転職するのではないか?」

 

という採用する側の不安を
取り除くことだということをしっかりと頭にいれておいて下さい。

 

そして何より、
自分自身がこの企業なら長く働けそう!

 

という企業や会社を選んで
転職活動を行うことが重要です。

 

転職を繰り返す原因は
もしかしたら自分の気が付かないうちに、

 

自分の求めている環境ではないところに
就職してしまっていたことが問題なこともあります。

 

これは、
自分ではなかなか気が付かないものです。

 

リクナビネクストなどの
転職サイトにはプロの転職エージェントがいますので、

 

このような人たちに
自分が求めている働き方や会社を伝えて、

 

一緒に転職活動をしていくことで、
次は長く働ける会社を見つけることができるかもしれませんよ!