これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

履歴書の趣味には何を書けばいいの?

履歴書を書く時、
この項目って必要?と思う部分があると思います。

 

それが、
「好きな学科」「趣味」という項目です。

 

転職をする場合、
ほとんどの人が会社に勤めていて、

 

これといって
趣味といえるものを持っていないことが多いです。

 

そこで一般的に多いのが、
読書とかスポーツ観戦と書くケースです。

 

しかし、それでは
採用者側の印象としては薄くなります。

 

できればこの項目でも、
自己アピールしたいものですよね。

 

以外とこの項目を
重要視している採用者もいるのです。

 

なぜなら趣味の部分は
仕事以外のところですから素性が分かる部分だからです。

 

だからこそ、
さらっと記述するのではなく、

 

なぜそのことが好きなのか?
どんな理由でそれを始めたのか?

 

ということまで
しっかりと書くと好印象を持たれます。

 

例えば読書が趣味の場合、
趣味の欄に「読書」と書くだけでは、

 

本当に本を読んでいるのか?
月に何冊読んでいるのか?など分かりません。

 

それならもっと具体的に書けばいいのです。
例えば、小説やミステリーを読むの好きなのであれば、

 

「趣味は小説やミステリー小説を読むことです。
仕事の時間を忘れて本の世界に没頭することで頭をリセットできます。」

 

という風に書くこともできますし、
特定の好きな作家さんがいる場合はそれを書きます。

 

「趣味は読書ですが、特に○○さんの本が好きです。
その中でも〇〇という本の〇〇という部分が印象的で、
自分のプライベートや仕事をする時のモットーにもなっています。」

 

と書くとどうでしょうか?
ただ「読書」と書くだけでは分からなかった、

 

あなた自身がどのような人なのか?
をアピールすることができますよね。

 

スポーツが趣味なのであれば、

 

「学生時代から野球をやっていて時間が
あればバッティングセンターに行っています。

 

仕事のストレス解消にもなり、
スポーツをすることで心身ともに健康でいることを心がけています。」

 

という風に書けば、プライベートを充実させる
ことで仕事に活かしていると思わせることも可能です。

 

「趣味」の項目は、
このようにして自分をアピールできる場ですので、

 

どうでもいい項目
と思っている人は要注意ですよ!

 

ぜひここの項目を使って、
自分という人間がどんな人物かをしっかりとアピールしましょう。