これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

履歴書を書くときのポイント5箇条とは?

履歴書を書くのが
得意という人はあまりいないはずです。

 

志望動機や退職理由など、
本当のところは自分でも把握しておらず、

 

結局はマニュアル通りに
ありきたりな言葉を並べてるだけという人も多いかもしれません。

 

そんな人は転職サイトに登録すれば、
転職エージェントやキャリアコンサルタントに

 

履歴書の添削や
どんな風に訂正すればいいのか指導してもらうことも可能です。

 

しかし毎回毎回頼むのも、
少し面倒になってくるかもしれません。

 

本当であれば自分で
履歴書が書けるようになるのが理想です。

 

そこで履歴書を書くときに、
ここだけは抑えておきたい!という

 

5つのポイントを
紹介したいと思いますのでぜひ参考にして下さい。

 

1、自分の言葉で表現すること

 

転職マニュアルを参考にするのはいいですが、
文章をそのまま引用するのではなく自分の言葉に置き換えて

 

書くようにこころがけましょう。
文章のデキよりも相手に響くのは自分で表現した言葉なのです。

 

2、字は丁寧に書こう

 

字が汚い、綺麗というのは
小さい頃に身についていることなので、

 

字が汚いと感じている人は、
できるだけ丁寧に書きましょう。

 

字が汚いのと、丁寧に書くのとではまったく違います。
相手に読んでもらうということを前提にして考えれば、

 

自然と丁寧に書くことができます。
その姿勢が採用者側に好印象を与えるのです。

 

3、具体的な言葉で表現する

 

履歴書によく書いてしまいがちなのが、
「何ごとにも積極的に行動する」などの抽象的な言葉です。

 

もし面接の際に「最近積極的に行動したことは何ですか?」
と質問された時あたなは明確に答えることができるでしょうか?

 

答えられないのであれば、
それは書いてはいけません。

 

そしてその質問に回答できるのであれば、
質問される前に具体的に履歴書に書いておくべきです。

 

4、文章は分かりやすく書く

 

長くかけば誠意が伝わるということでもありません。
短い文章でも、伝えたいことが分かりやすく書かれているか?がポイントです。

 

5、嘘は絶対に書いてはダメです

 

内定がなかなかもらえずに焦っていると、
自分をよく見せようと大げさに書いてしまうケースがあります。

 

嘘のことを書いてしまうと、
結局は自分の首を絞めることになるので、

 

本来の自分の姿を
そのまま書くようにして下さい。

 

いかがでしょうか?
この5つのポイントがしっかりとできていますか?

 

履歴書は自分をアピールするものですが
「相手に読んでもらうもの」ということを

 

しっかりと頭に入れておけば、
自然と5つのポイントもできるはずです。