これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

1週間で辞めた経験がある場合も履歴書に書く必要あるの?

就職・転職してみたものの、
自分には全く環境が合わずに、

 

あっという間に
辞めてしまったという人もいるかもしれません。

 

1週間で辞めてしまっても、
その後の生活のために働かないといけないのは変わらないですよね。

 

ですから当然
転職活動が必要になってきます。

 

そこで心配になるのが、
「1週間しか働かなかった」という事実を

 

履歴書に書くべきか?
それとも書く必要はないのか?だと思います。

 

1週間程度しか勤務していないのであれば、
特に記載する必要はないと私は思っています。

 

むしろそんな短期間で辞めた実績を
相手に伝えてしまえば悪い印象を持たれかねません。

 

履歴書に記載しなかったとしても、
嘘の経歴を書いている訳ではありませんので、

 

絶対に記載しないといけないか?
と言えば必要ないともいえます。

 

しかし同じ業界での就職を考えている場合、
他人を通して自分が1週間で会社を辞めたことが

 

相手の企業に
バレてしまうこともなきにしもありません。

 

履歴書に記載していなくても、
面接の際に口頭で説明するのも一つの方法です。

 

例えば、
短期間で辞めたので履歴書には記載していませんが・・・

 

という言葉で始め、
〇〇企業に1週間程度勤務しましたが、

 

こんな理由があり、
辞めた経緯があります。

 

という風に、
簡潔に話すといいでしょう。

 

その場合退職理由はマイナスイメージのものではなく、
「やむを得ず辞めないといけない事情があった」という方が納得しやすいものです。

 

それに1週間で仕事を辞めるということは、
それなりの事情がきっとあった訳ですから、

 

それをしっかりと伝えることが必要です。
それをあまり考えもせず「自分に向いていないと感じたから」

 

などという事は、
絶対にしないようにしましょう。

 

なぜなら採用者側に、
「この人は自分に合わないと思ったらすぐに辞める人」と思われるためです。

 

結論を言いますと、
履歴書に記載する必要はありませんが、

 

念のため面接時に一言
付け加えて説明するのがいいでしょう。