これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

スキルに自身が何を書けばいいのか分からない人は?

会社を辞めて転職したい・・・
でも、自分には何のスキルもない・・・

 

このように考えて、
なかなか転職活動に踏み切れない人は多くいます。

 

それでもやはり転職したくて、
求人情報を見ているものの履歴書を書くとなると、

 

自分の持っているスキルは何か?
自分は何のキャリアも持っていないのではないか?

 

と不安になってしまい、
なかなか履歴書が書けないと悩んでいる人も多くいるはずです。

 

そんな人はまず、
自分の市場価値や適正年収を調べてみてはいかがでしょうか?

 

自分に自身がない人の特徴は
自分のことを分かっていないということです。

 

人は誰でも優れた部分があるはずです。
それを自分では何の取り柄もない・・・と感じているだけかもしれません。

 

自分では当たり前にできれいることが、
他人から見れば凄い!ということもあります。

 

人の欠点はよく気が付くのに、
自分の欠点は棚に上げたまま気が付かないのと一緒です。

 

欠点だけではなく、
長所も自分で見つけるのは難しんですよね。

 

さらに言えば、
スキルというものは急に身につくものではなく、

 

時間や経験を重ねることで、
少しづつ積み重ねていくのでさらに見つけるのが難しくなるわけです。

 

そんな人にオススメなのが、
「市場価値診断テスト」というものです。

 

これは@typeという転職サイトが
無料で提供しているツールで誰でも診断可能です。

 

このツールで何が分かるのか?というと、
約40万人分のデータを元にあたなの「適正年収が正確に分かる」のです。

 

適正年収って
おおまかなものでしょ?

 

と思いがちですが、
このツールは大手企業への導入実績もある

 

市場価値測定研修所というところの
ノウハウをベースにしているので正確な数値がでるんです。

 

それと同時に、
あなたが今持っているビジネスの基礎能力なども分かります。

 

数値化されて
グラフのような診断結果を見ることができます。

 

ですからこれを見るだけで、
自分の強み(スキル)や弱みが分かるのです。

 

履歴書にはどんな役割があるのか?というと、
これまで培ってきたスキルやあなた自身の強みを伝える役割があります。

 

つまり自分のスキルに自身がないと
当然アピールできるような履歴書は書けない訳です。

 

だからこそ、
履歴書に何を書けばいいのか分からず悩んでいるわけですよね?

 

@typeに無料登録さえすれば、
すぐに診断できますのでやってみると悩みも解決できるはずですよ!