これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

正社員の経験がない場合履歴書にはどう書けばいい?

現在は少し緩和されつつありますが、
就職氷河期と呼ばれていた時代に就職活動していた人は、

 

アルバイトを転々としていたり、
派遣社員や嘱託、臨時職員などのように、

 

正社員として
採用された経験のない人もいるかと思います。

 

しかし、安定した職業につきたいのであれば、
やはり正社員として採用されたいという気持ちがあるのは当然です。

 

そこで転職活動をする際に、
今まで正社員の経験がないのは不利になるのか?

 

というような
心配をする人もいると思います。

 

ですがそんな心配は必要ありません。
今やっと就職氷河期時代に就職活動をしていた世代に

 

追い風が吹いていると
言っても過言ではありません。

 

それはなぜか?というと、
フリーランスやノマドワーカーという言葉がはやっているように、

 

今の時代は、
同じ会社でずっと働こう!

 

という意思を持っている若者は少なく、
むしろ自分のやりたい仕事を見つけるために、

 

転職を何回も繰り返すのが
常識になりつつあるからです。

 

ですから今30代の人の
転職ニーズは非常に高まっているのです。

 

正社員として経験がなくても、
その会社でずっと働きたいという強い意志を

 

アピールすることが
できれば何も問題ありません。

 

むしろその世代では、
派遣社員や非雇用形態で働いていたことが多い、

 

ということは、
人事担当側も承知のことです。

 

しかし働いていたという実績はある訳ですから、
そこで培ったスキルや実績は十分にアピールしましょう。

 

同じ業種であれば、
正社員、非正社員に関わらず、

 

仕事ができる人間と判断されてば、
内定をもらうことができるのです。

 

むしろ正社員で働いた経験があっても、
仕事ができない人より正社員の経験はないが仕事ができる人の方がいいですよね。

 

ですから、自分は
正社員の経験がないから・・・

 

と転職活動に
非積極的になってしまう必要は全くありません。

 

どのように自分をアピールすればいいのか分からない、
という人は転職サイトに在籍している転職エージェントに相談してみましょう。

 

今までのスキルや経験を伝え、
客観的にあたなを見て、どうかけばいいのか?

 

どんな企業に就職しやすいのか?
ということをアドバイスしてくれます。

 

このように転職エージェントを活用して、
次こそは正社員の座を勝ち取って下さいね!