これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

転職する企業のことは分析しておいた方がいいの?

転職活動をする上で、
面接はさけて通れません。

 

そこで絶対にしておいて
ほしいことが「企業分析」です。

 

それともう一つが、
転職したい「業界分析」です。

 

なぜ企業分析と業界分析が必要なのかというと、
分析することで志望動機をしっかりと相手に伝えることができます。

 

面積で一番聞かれることが多いのが
「なぜここを受けようと思ったのですか?」

 

という質問ですよね。
そこで企業のことを知らなければ何も答えることができません。

 

ありきたりなことを答えたところで、
それなら他の会社でもいいんじゃないの?と思われてしまいます。

 

そうならないためには、
業界分析も必要なのです。

 

その業界の中で自分が受ける企業が

 

どんな立ち位置にいるのか?
どこに魅力があるのか?

 

をはっきりさせるには、
取り巻く周囲の環境も分析しておく必要があるということです。

 

そしてここが重要ポイントなのですが、
企業分析・業界分析をすることで「本当に自分が就職したいところか?」

 

ということを
見極めることができるはずです。

 

分析というのは、
ただHP上にのっていることを読むことではありません。

 

転職エージェントに企業の内情を聞いたり、
同じ業界での評判を調べたりと色々方法はあります。

 

最近は企業のブログやツイッターなどもありますから、
そこで働いている人の本音なども見つけやすいかもしれません。

 

ブログやツイッターを見て働きたいと思った…
ということを言ってもいいの?と思うかもしれませんが、

 

それだけ企業のことを
しっかりと勉強してきたということですので、

 

これだけでも十分にアピールになっています。
それにHPでみた時の印象と働いている人たちの考えなどが、

 

自分の想定していたことと
ズレていることも結構あることです。

 

転職した後に「ここに入ってよかった!」
と思うには下調べをすることも大切なことなのです。

 

ただ単に転職活動をしてみたという人と、
しっかりと調べた上で転職活動をした人とでは、

 

その後の人生さえも左右するかもしれません。
1日の大半を仕事をして過ごす訳ですから当然ですよね。

 

自分の本当にやりたい仕事に就くためにも、
転職前の「企業分析」と「業界分析」はしっかりとしましょう。