これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

うつ病で転職をする場合は企業側に伝えるべき?

最近では、仕事うつといって、
過酷な労働環境が原因となってうつ病を発症する人もいます。

 

本来であれば一度退職して、
自宅でゆっくりと休養するのがいいと思います。

 

しかし、
家にこもっていてますます悪化することもあります。

 

もし周囲にサポートしてくれる人間がいなければ、
退職ではなく転職という労働環境を変える方法でよくなることもありますね。

 

そこで、うつ病になってしまい
会社を転職したいと考えている場合、

 

そのことを
転職活動で企業側に伝えた方がいいの?

 

と悩んでしまうことがあると思います。
結論から言えばそのことは伝えない方がいいでしょう。

 

うつ病は今では心の病気ではなく、
脳のホルモンバランスが崩れることで発症し、

 

治療をすれば、
きちんと治る病気だと認識され始めています。

 

しかしそれでも、
再発することも多く、

 

場合によっては
また仕事に行けなくなってしまうこともあるのです。

 

企業側もうつ病の人間を
無理に働かせる訳にはいかないので、

 

やはり対応には困ってしまう訳です。
そうすると元からうつ病を発症している人を、

 

採用するメリットが
企業側にないということになってしまうのです。

 

うつ病の治療にかかる費用を
傷病手当といって今の会社からもらうこともできますが、

 

ブラック企業のように、
違法な残業時間を強いていた場合は、

 

弁護士などの代理人を通して、
損害賠償請求を行うことも可能なのです。

 

今の会社を辞める場合に、
このように対処してもらってから辞めることは可能ですが、

 

転職活動でそれを言ってしまうと、
採用したとしても同じことをされるかもしれない・・・

 

と企業の人間や人事担当の人間は、
会社のデメリットになってしまう可能性を考えます。

 

ですから「うつ病」です、
と自分から申告する必要はありません。

 

特に書類選考の際に、
今の会社でうつ病を発症し転職を考えているなどと

 

書くと書類選考の段階で、
ほとんどの人が落とされてしまうでしょう。

 

かといって、
今の会社に勤めていてはうつ病が悪化するかもしれませんから、

 

一刻も早く次の転職先を見つけて、
今の会社を辞めたいというのが本音のはずです。

 

ですからうつ病が原因で、
転職を考えている場合は、

 

転職理由や退職理由は、
できるだけポジティブな理由を考えましょう。

 

希望している企業の方針に興味を持った、
自分のスキルを新しい分野で発揮できると感じた、

 

などというような、
将来に繋がる志望動機にする必要があります。

 

このように、
相手の企業にデメリットをもたらすような

 

転職理由の場合は、
その理由を違う理由に置き換えることが採用されるコツです。

 

どんな志望動機を書けばいいのか分からない
という方は転職エージェントなどを利用して、

 

一緒に考えてもらうことで、
採用されやすくなるのでぜひ利用しましょう。