これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

最終面接の際に注意すべき点は?

会社を辞めたいと思っても、
すぐに辞める訳にはいきませんよね。

 

まずは在職中に転職活動を
同時進行していおくことが大切です。

 

その転職活動でも、
最終面接までくれば会社を辞めて転職するまであと一歩です。

 

ここまできたら、
自信を持って最終面接に応じましょう。

 

そこではこれまでとは違って、
肩書きが上の人が面接を担当したり、

 

その企業の役員などが
直接面接を行うことがあります。

 

これまでは人事担当などが、
面接を行ってきているはずですが、

 

最終面接となると、
直接経営に関わる人達が出てくることも珍しくありません。

 

最終面接でみるのは、
あなたが本当にその企業にふさわしい人材であるかどうか?です。

 

ここまで面接をクリアしているのであれば、
それなりに高い評価を貰っている訳ですから、

 

あくまでも最終チェックという段階にはいるのです。
しかし、最終面接ではこれまでの熱意やスキルといったことではなく、

 

会社にデメリットをもたらすことはないか?
という逆の目線で試験が行われているといっても過言ではありません。

 

つまり、あまりにも自分の意見を押し通してしまうと、
会社では扱いにくい人材と思われてしまう可能性もあります。

 

ですから、必要最低限のことをしっかりと伝え、
ここで働いた場合にどのようなメリットがあるかをアピールすることが重要です。

 

最終面接に立ち会う人の場合は、
役員や経営に関わっている人が多く、

 

実際の現場で働いている人ではないことが多いので、
自分ができる仕事内容のスキルについてアピールするよりも、

 

今後この会社をどう変革していくか?
会社が抱えている問題をどう改善することができるのか?

 

ということなどを
質問されることもあります。

 

このようなことを例え想定していたとしても、
その場限りの考えで簡単に説明することは難しいですよね。

 

ですから面接対策とは、
その面接に応じた対策をとっていないといけないのです。

 

1次面接の時はそれなりの対策を、
最終面接の時はそれに向けての対策を練らないといけません。

 

自分一人で面接対策をしていると、
どうしても今までと同じような受け答えになってしまい、

 

「それはこの前の面接でも言っていたことだよね?」
「それ以外の回答が欲しいと思っているのだけど他にはない?」

 

と突っ込まれて、
何もしゃべれなくなるということがあります。

 

せっかく最終面接まできてこれでは勿体ないですよね。
そうならない為にも転職エージェントと一緒にしっかりと、

 

最終面接に向けた
質疑応答の対応を考えておきましょう。