これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

面接では積極的に自分の話をした方がいいの?

転職活動でやっと面接までこぎつけた・・・
ここで自分をアピールしないと採用に繋がらないのではないか・・・

 

こういう風に思って、
面接で必要以上に喋ってしまう人がいます。

 

コミュニケーション能力が高い人であれば、
この戦法もいいかもしれませんがあまりおススメはしません。

 

なぜならどの会社でも
コミュニケーションというのは欠かせません。

 

それは話が面白いかどうかではなく、
その場の空気を読んでコミュニケーションがとれるかどうかということです。

 

仕事のスキルなどは別として、
コミュニケーション能力が極端に低いと採用にも不利になります。

 

質問されていないこと以上に、
自分のことを喋るというのは、

 

この人は周りが見えていない・・・
自分本位に物事をとらえている・・・

 

というように、
デメリットの印象を与えてしまいがちです。

 

面接では自己アピールは
採用に関わる重要な時間ではありますが、

 

企業が求めている人材というのは、

 

正確にものごとを伝えることができるか?
人の話を正確に聞いて把握できる能力はあるか?
他の人との協調性を大切にしているか?

 

という部分です。

 

ですから、自分自分で、
話続けることは控えた方がいいでしょう。

 

面接を何回も受けても、
いつも不採用になってしまうという人は、

 

質問以外のことまで喋っていないでしょうか?
または質問されていることから話がそれてしまうことはありませんか?

 

実は面接で上手くいなかったという人は、
自己アピールが上手くいかなかったというよりは、

 

このように、
周囲の空気が読めていなかったり協調性がないと

 

判断をされてそれがマイナスになり、
不採用ということになっていることが多くあります。

 

自分の主張ばかりをしてくる人は、
会社側からしてみると扱いにくい人材なのです。

 

簡単に言えば、
質問されたこと以上のことを話す必要はありません。

 

話が長いということは要点をまとめるのが苦手、
周囲の空気を読むのが苦手、他の人のことを考えていない、

 

ということと同じことですので、
もし面接官がイライラし始めたら話すは辞めましょう。

 

面接での質問は
的確に手短に回答が基本です。

 

一人で練習していると、
どうしても独りよがりの回答になりがちですので、

 

そのような場合は個人的に転職をサポートしてくれる
転職エージェントに個別にお願いして面接の練習相手や、

 

面接対策を一緒に練ることで、
採用される確率が高くなっていくはずですよ!