これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

質疑応答は丸暗記で大丈夫?

会社を辞める決意をして、
転職サイトに登録した後は、

 

どんな企業に転職したいのか、
いい求人はないかと職探しをしますよね。

 

受けたい企業が決まれば
そこに連絡をとって面接を受ける日を決めます。

 

その後するのが面接対策ですが、
たまに質疑応答を自分で決めて丸暗記する人がいます。

 

はっきり言っておきますが、
自分で想定した内容が質問されるとは限りません。

 

ですから面接対策で
回答する内容を丸暗記しておくのは危険な行為です。

 

それはもし自分の想定外の質問がきた場合、
何をどうすればいいのか頭が真っ白になってしまう人が多いからです。

 

それに丸暗記をして回答をしていると、
面接官にもこれはただ暗記してきただけだなとバレるわけです。

 

暗記した内容を話す時、
人はどこかぎこちなく棒読みになっていたり、

 

感情が入っていなくて、
相手に想いが伝わりにくくなり逆に悪い印象になってしまいます。

 

ですから面接対策として、
質疑応答の練習をするのであれば、

 

志望動機に書いた内容を元に、
それを補足できるような内容にしましょう。

 

それもポイントを抜粋しておき、
その場で自分の言葉で話せるようにすることが大切です。

 

つまり、何回も同じ内容を話せるようにする必要はありません。
ポイントを抑えた会話ができればいい訳ですから練習の際の回答が、

 

毎回違っていたとしてもいいのです。
むしろそちらの方が自然でいいかもしれません。

 

このように丸暗記をして面接に臨む人の多くは、
自分一人で転職活動をしており相談する相手がいないことが原因です。

 

転職エージェントに相談すれば、
面接対策もしてくれるので練習することが可能です。

 

さらに転職エージェントは求人の際から、
あなたをフォローしてくれる個人的な相談相手となるので、

 

面接対策意外の部分でも
非常に重要なことを担ってくれます。

 

友達や家族を相手に面接の練習をしたところで、
相手は素人ですのでどこがいいのか悪いのかは分かりませんよね。

 

その点、転職エージェントは転職のプロですから、
採用時の試験管と同じような立場で対策を行ってくれます。

 

ですから、かならず転職サイトに登録する際は、
転職エージェントのいるサイトに登録し積極的に、

 

転職エージェントを活用した方が、
あなたの転職成功率は格段に上がるという訳です。