これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

転職活動の合否までの時間はどのくらい?

いち早く今の会社を辞めたい・・・
早く転職活動を成功させたい・・・

 

このように今の会社を早くやめて、
新しい会社に転職したいと思うのは当然です。

 

在職中の転職活動を勧めていますが、
転職エージェントに手伝ってもらうとはいえ、

 

履歴書や志望動機、
自己PRというのは自分で考えなければいけません。

 

会社が終わってから
書くのも疲れますし、

 

何回も面接に行くのも
結構な労働力を使います。

 

それに結果を
早く知りたいというのは当たり前ですよね。

 

転職サイトで
転職活動をする時は、

 

まずエントリーシートを出して、
書類選考を受けることになるはずです。

 

この間の結果を
待っている間に他の転職活動をしていいものか?

 

も迷ってしまうので、
できるだけ早く結果を知りたいですよね。

 

書類選考に通り、
面接を受けた場合もそうですが、

 

大抵は
「〇日までに合否の通知をします」と言われるはずです。

 

例えば、
「1週間以内に連絡します」とします。

 

すると、合格者には
次の日から連絡が来るというのが多いようです。

 

1週間というのは企業側が採用したい相手に
連絡をまずとり、採用の意思がなければ次点者に連絡をするためです。

 

当然いい人材というのは、
他からも内定を貰っていることが多く、

 

辞退する人もいます。
こうやって辞退が出たら次に連絡・・・

 

というのを採用者が決まるまで
繰り返していくため余裕を持った期間を設定している訳です。

 

所定の日よりも
早く内定の通知が来た場合は、

 

かなり印象が良かった
ということですので自身を持ちましょう。

 

とはいえ、
所定の日に電話がかかってきたからとっても、
自分が最後に残った一人ということでもありません。

 

いずれにしても、
内定をもらえたことは嬉しいことです。

 

採用する相手をなかなか絞り込めない
場合も連絡が遅くなることがあります。

 

とはいえ、ほとんどの企業が
合否の判定結果は1週間程度で出しています。

 

ですから連絡が来ない場合、
長く待ちすぎるよりも次にエントリーをしていった方がいいです。

 

内定を勝ち取るまでは、
忙しいですがそれも今の会社を辞めるためです。

 

内定の通知が来ないと
落ち込んでしまいますが、

 

そんな暇はありません。
一刻も早く会社を辞めたいのであれば、

 

気持ちを切り替えて、
ポジティブに転職活動していきましょう!