これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

うつ病で会社を辞めたら失業手当はもらえないの?

失業保険を貰うには、
いくつかの必要事項を満たしていることが条件ですが、

 

その中に、
「働く意思・働ける環境にある」という条件があります。

 

最近は過酷な勤務環境で
うつ病になって会社を辞めてしまう人も増えています。

 

軽いうつ病なら
嫌な環境から解放されることで改善できます。

 

しかし重症になってしまうと、
外に出るのもつらくなってしまい、

 

精神的にも体力的にも
働けなくなってしまうケースもあります。

 

この場合はしばらく
休養する必要がありますよね。

 

そうすると
失業保険というのはもらえなくなってしまうのです。

 

ですから退職理由として、
うつ病で辞めるのはいいのですが、

 

もし他にも辞めたい理由があるのであれば、
そちらを理由にして仕事を辞めるのをおススメします。

 

大きな事故によって、
働くことが困難になって退職した場合も同じです。

 

その代わりに
「傷病手当」というものがもらえます。

 

失業保険は退職理由によって、
貰えるまでの日数やもらえる金額も変わってくるので、

 

これから会社を辞めて
退職を考えている人はしっかりと覚えておきましょう。

 

うつ病と診断してもらえば、
簡単に辞められるからといって安易に退職理由にしてしまうと、

 

その後で、
失業保険がもらえないということにもなり兼ねません。

 

それでもその後回復が見込まれるのであれば、
失業保険の受給期間を引き延ばすことも可能です。

 

妊娠を機に退職した場合、
すぐに仕事復帰はできないのでこの場合も、

 

失業保険はもらえません。
ただし産後働ける状態になって転職活動を始めれば、

 

失業保険を貰うことも可能です。
つまり、もらえるまでの期間は長くなってしまいますが、

 

貰える資格が消失した訳ではありません。
最大で4年間までは給付期間を延長することが可能です。

 

延長する場合も、
受給期間延長申請書というのを提出しなければいけません。

 

こうやってみてみると、
失業保険の仕組みや手続きって本当に面倒ですよね。

 

失業保険を貰っている最中でも、
次の転職先が決まれば再就職手当がもらえます。

 

ですので失業保険をすべて貰ってから
転職活動を本格的に始めるよりも転職サイトを活用しながら、

 

できるだけ早く、
社会復帰できるようにした方がいいかもしれませんね。