これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

失業保険をもらう為の条件とは?

在職中に転職活動を行い、
スムーズに次の会社に転職した人の場合、

 

失業保険は「失業」していないので、
もらうことはできなくなるのは知っていますか?

 

失業保険とは
退職して働いていない期間にもらえる給付金のことです。

 

ですからアルバイトでも
パートでも何かしら働いていれば貰うことはできません。

 

そこで失業保険をもらうための
条件について少し詳しく説明したいと思います。

 

当然ですが、
退職して失業状態になっていることが前提です。

 

それに加えて、
2つの必須条件を満たしている必要があります。

 

1つめの条件として、
「雇用保険の加入期間」です。

 

退職をする日(または退職した日)から
さかのぼって2年間の間に雇用保険に加入している期間が、

 

12ヵ月以上なければいけません。
難しい言葉でいえば「被保険者期間が通算12ヵ月以上」必要ということです。

 

被保険者期間というのは、
退職した日からさかのぼって計算し、

 

1ヵ月で11日以上働いた月が何か月か?
ということですので例えば何らかの理由で1ヵ月の間に

 

10日以内しか勤務していない月は、
必要期間として計算には含まれません。

 

通常の勤務をしていれば、
会社に月に11日以上は行っているはずですので、

 

何か月間勤務しているのか?
2年間は働いていたのか?で分かるはずです。

 

もう1つの条件としては、
「働く意思・能力を持っている」というのが加わります。

 

仕事をしたくなくて辞めて、
失業保険をもらって暮らそうという人には失業保険は出ないのです。

 

就職したいけれども、
内定先がまだ見つからないという場合にのみ支給されます。

 

ですから、例えば親の介護のために
仕事を休職したり退職したのであれば、

 

働きたいと思っていても、
仕事のできる環境ではありませんよね?

 

そんな時は、
失業保険は残念ながら受け取ることはできないのです。

 

それと同時に、
病気を患ってやむなく退職をして、

 

しばらく療養が必要で、
仕事をできる健康状態にない場合も同じです。

 

このように退職理由によっては、
失業手当を貰えないこともあるので注意しておきましょう。

 

働く意思があるということで、
ハローワークでの求職活動を行うことが義務づけられていますが、

 

求人の量としては、
転職サイトの方がたくさんありますので、

 

ハローワークでの職探しに加えて、
転職サイトも活用していくことをおススメします。