これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

退職後に代休未消化の買い取りは可能なの?

あなたは今、働いている職場で
満足できるほどの休みは取れているでしょうか?

 

 

転職しようと考えている1つとして、

 

「休みが思うように取れない」
「サービス残業が嫌だから」

 

というのがあるかもしれませんね。

 

 

転職して収入と時間のゆとりのどちらを取るか、
非常に迷うところでもあります。

 

 

もちろん、収入も上がって時間のゆとりができて
ゆっくり休めるのが理想ですよね。

 

 

とはいっても理想を求め過ぎるのもよくありませんので、
ある程度妥協も必要にはなります。

 

 

あなたが現在働いているところでは、
もしかしたら休日出勤が当たり前で、
代休の未消化分もどんどん溜まっているかもしれませんね。

 

 

そこで、退職するときに今までの代休未消化分を
会社で買い取ってもらうことはそもそも可能なのでしょうか?

 

 

これは有給休暇の買い取りもそうですが、
法律上決められているわけではありません。

 

 

会社のルールや就業規則、暗黙上のルールや慣例的に見て、
買い取りを行っているかを確認する必要があります。

 

 

実際に買い取りの交渉を行っても拒否されたからといって、
法律上合法、違法とは言えないのが事実です。

 

 

そこで注意しなければいけないのが、
休日出勤したのが事前申請なのか事後なのか、ということです。

 

 

実は休日出勤を事前申請して、
他の出勤する日と入れ替える振替休日の場合、
休日出勤分の割増手当は原則つきません。

 

 

しかし、休日出勤をしたことが事後の場合、
割増手当の支払い義務となり、
振替休日ではなく代休の扱いになります。

 

 

そこで、休日出勤が事後申請でしかも割増手当がない、
しかも有給休暇や代休を取ることを拒否されている場合、
買い取りは不可でもその分の賃金を請求することは可能です。

 

 

また、有給休暇と異なり、
振替休日や代休が消滅する時効期間に関して、
法律上でも定義されていません。

 

 

ただし、長時間の残業が続いている、
休日出勤が当たり前で代休も有給休暇も取れない、
残業代ももらっていない場合、労働基準法に違反しています。

 

 

このような場合、退職前にきちんと記録や証拠を残す、
労働基準監督署に相談することをおすすめします。