これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

退職後に引き継ぎのことで質問を受けたら?

退職をするときに大切なことは、
少しでも円満に退職することが大切です。

 

 

確かに嫌なことがあって結果的にしこりを残しながら
退職することも当然ありますよね。

 

 

上司や同僚、後輩に対してといった
人間関係に不満を持っていることもあるでしょう。

 

 

その気持ちはとてもわかりますが、給料をもらった以上、
少なからず協力や手助けをしてもらった以上、
最後まで責任を持って対応を行いましょう。

 

 

なぜなら、あなたが行っていた仕事を、
よくも悪くも後任者が行うわけですから、
その人に負担がかかるわけですね。

 

 

少しでも負担をなくすため、
スムーズな流れで円満に退職するためにも、
しっかりと引き継ぎを行いましょう。

 

 

特に仕事を多く抱えている人、
役職者の方はたくさん引き継ぎ事項もありますが、
そのことも考慮して退職までのスケジュールを立てましょう。

 

 

とはいっても、
あなたの頭の中身をすべて伝えることは当然不可ですし、
解釈の違いも出てきます。

 

 

そして退職後、後任者から引き継ぎのことで
質問を受けることがあります。

 

 

そこで質問を受けた際に答えるべきなのでしょうか?

 

 

原則として、すでに雇用関係はなく、
給料も当然もらっていないため、
基本的に対応する必要はありません。

 

 

すべて引き継ぎの資料の中にある、
といって一言で説明すれば問題ありません。

 

 

また、社内にいる人と相談や対応をしてほしい、
と言ってももちろん大丈夫です。

 

 

とはいっても、そんなことはできない、
という方もいるかもしれませんね。

 

 

そこで期間を設けてそれ以上は対応しない、
必要最低限のことを伝えることが大切です。

 

 

また、引き継ぎの資料はあなたが作ったとしても、
それはあなたのものではなく会社のものです。

 

 

そのため、引き継ぎの説明をするときに、
引き継ぎの資料を持ちだして説明することは、
著作権、個人情報の観点から絶対に行わないでくださいね。

 

 

もし、どうしてもメールで対応するなら
一時的にフリーメールを教えて、
一定期間過ぎたら完全に捨てる。

 

 

電話での対応も一定期間過ぎたら、
前職の連絡先はすべて削除して出ないようにする。

 

 

といった対応を行い、なるべく引き継ぎの質問が来ないように
在職中にしっかりまとめておくことが大切です。