これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

出すならどっち?退職願と退職届の違いは?

社会人となって初めて会社で働くことになったとき、
あなたの新社会人はどんな状態でしたか?

 

 

学校とは違う雰囲気に戸惑った方もいるでしょうね。

 

初めて行うことばかりで仕事では何度も失敗した、
言われたことができなかったこともあったはずです。

 

 

しかし、そのようなことを繰り返しているうちに、
いつの間にか当たり前のように仕事をこなすことができるようになります。

 

 

そして、今働いているところが最初の会社でしたら、
当然転職に関して経験はありませんよね。

 

 

どのようにして会社を辞めることを伝えるのか、
頭の中で何度も繰り返しているかもしれませんね。

 

 

そして、いよいよ意志が固まって退職する決意ができた場合、
上司には退職願と退職届のどちらを出せばいいのでしょうか?

 

 

まず、やってはいけないのが何の前触れもなく、
上司に退職願そして退職届を出してしまうことです。

 

 

「それじゃやめられないのでは?」と思ったかもしれませんね。

 

 

実は順番がとても大切で、
最初にすることはメールまたは口頭で退職する旨を伝えることです。

 

 

つまり、いきなり退職します、
ではなく退職を願い出ることを行います。

 

 

これが、ここで説明する退職願となるわけです。

 

 

その後、上司との話し合いとなり、
退職することを咎められることも当然あります。

 

 

そのため、退職を願い出た段階ですので、
正式な退職ではないため、場合により退職を取り消すことも可能です。

 

 

しかし、あなたの意志がとても強く、
「どうしてもやめたい!!」
ということになったら次のステップに進みます。

 

 

そのステップとは、
いつ退職するかを正式に決めることとなり、
ここで初めて退職届を書面で出すことになります。

 

 

つまり、退職届を出した時点で、
基本的に退職を取り消すことはできない、ということです。

 

 

この一連のステップを踏まずに、
「面倒だから・・・」
といっていきなり退職届を出したらどうなるのでしょうか?

 

 

基本的には受理されずに預かりとなり、
日時を改めて上司と話し合いや説得になるはずです。

 

 

そのため、まずはメールや口頭などで退職を願い出て、
正式に退職する方向になったら、退職届を出すようにしましょう。