これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

最近よく聞く減資や減資した企業への転職は?

あなたが転職をすることを考え始めたら、
自分が行きたい企業のサイトをチェックしているかもしれませんね。

 

 

これは企業のサイトにもよりますが、
沿革の内容が書かれていることがあります。

 

 

例えば、●●年●●月に資本金を2000万円に増資した、
というのを見かけたかもしれませんね。

 

 

似た言葉で融資というのは、
銀行から借り入れたお金で返す義務が発生します。

 

 

その一方で増資は返さなくてもいいお金です。

 

 

つまり、融資で資本金を増やす、
ということはできないんですね。

 

 

なぜ、沿革を見ると増資のことが書かれているのかといったら、
ズバリ信用情報になるからです。

 

 

つまり企業の体力となり資本金が大きければ
銀行からの融資もできやすくなる、というわけです。

 

 

しかし、その一方で増資の反対の減資というのはあまり聞きませんし、
企業サイトの沿革を見てもあまり見ないはずです。

 

 

それでも、減資という言葉が聞くようになったのは
シャープのニュースではないでしょうか?

 

 

では、仮に転職先が減資した企業の場合、
転職しても問題はないのか気になるはずです。

 

 

そもそも減資するメリットは何でしょうか?

 

 

減資をするのは主に大企業となり、
減資をすることで節税のメリットを受けられるからなんですね。

 

 

つまり、中小企業の扱いにするのが狙いというわけです。

 

 

その制度を使った有名な企業が吉本興業です。

 

 

資本金125億円から1億円にして、
大企業から中小企業の扱いになりました。

 

 

そして減資をする目的としては財政面で厳しいため
それを乗り切るために行うことになります。

 

 

増資をすれば企業体力があると見なされる一方で、
減資は信用がなくなるデメリットがあり、
シャープや吉本興業がまさにこれです。

 

 

しかし、企業によっては経営的には問題ないものの、
節税のメリットが大きいため、
あえて減資していることも考えられます。

 

 

つまり、財政面で厳しいため仕方なく減資するのか?
節税のメリットを受けるために減資するのか?

 

 

そこをしっかりと見極めることが大切です。