これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

一般職への転職成功確率は?

あなたは仕事を行う上で、
どのような考えを持って仕事をしているのでしょうか?

 

 

もちろん、どんな仕事をするのか働き方を含めて、
どんな考えを持っていても自由です。

 

 

その考えを認めてもらえる企業があったら、
今すぐにでも転職したいと思いますよね。

 

 

このサイトの内容を読んでいるということは、
少なからず自分にあった希望する働き方をしたい、
と考えているはずです。

 

 

総合職をしていますと、
ある意味雑用係のところもあり、
何でも屋というところもありますよね。

 

 

逆に何でそんなことまでやらないといけないの、
と思っていることもきっとあるでしょう。

 

 

そこで総合職は辞めて少しでも負担の軽い
一般職に転職する場合、
成功する確率はどのくらいなんでしょうか?

 

 

一般職とは何かといったら
分類上非常に難しいところですが、
事務作業を指すことが多いです。

 

 

一般職は昔から、
人気のある職種であることも間違いありません。

 

 

しかし、実際のところ一般職は人気のある一方で、
ここ最近は狭き門になっているのも事実です。

 

 

そうなってしまったのはパソコンが普及したため、
ある意味アルバイトや外に投げても出来てしまうからです。

 

 

つまり、高い人件費をかけてまで、
正社員で雇う必要もないからです。

 

 

あわせて一般職に就いている方も、
辞めることも少なくなっているのも事実です。

 

 

そのような理由から
一般職は狭き門になっている、というわけです。

 

 

では、諦めなければいけないのか、
といったらそのようなことはありません。

 

 

まずは転職サイトに登録して、
一般職がどのくらいあるのかを探してみましょう。

 

 

確認だけであれば、
今の会社を辞める必要はなく、
スキマ時間を使って調べることができます。

 

 

一般職は難しそうだなと思ったら、
今の職場に居続けるという選択肢もできます。

 

 

絶対にやっていけないのが、
退職してから考える、ということですね。

 

 

転職はある意味片道切符なので、
元の会社に戻るというのは、非常に難しいからです。

 

 

一般職は狭き門であるからこそ転職サイトを見て、
状況を確認することがとても大切です。