これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

会社を辞めたい理由の本音は?

会社を辞めて転職活動を行う場合、
会社を辞めたい本当の理由を志望動機や自己アピール時に、

 

正直に告白することはまずありません。
なぜなら会社を辞めたい理由はどれもネガティブなものばかりで、

 

面接時の印象の時に、
不利な印象を与えてしまうからです。

 

しかし、他の人がどういう理由で
会社を辞めたいと思い転職をしたのかは気になりますよね。

 

そこで会社を辞めたい理由の本音というのを、
一番多かった順にベスト5として紹介しようと思います。

 

 

会社を辞めたい理由1位
精神的にキツイ、体力的にキツくなり仕事が続けられなくなった

 

この理由は会社を辞めて
転職したい人の理由の中で一番多いものです。

 

具体的にいうと、
平日返上して働くことが多かったり、

 

早朝から深夜までの残業が多く
精神的にも体力的にも体調を崩したということが原因です。

 

この場合はもう働けない状態になり、
とりあえず会社を先に退職するということが多いようです。

 

転職活動は在職中に行う方が
メリットが多くあるので似たような原因で

 

会社を辞めたいという方は、
いち早く転職活動を始めた方がよさそうです。

 

 

会社を辞めたい理由2位
会社の人間関係に不満があり辞めた

 

会社の人間関係が悪くなったり、
ギクシャクした人間関係が嫌で辞める方も多くいます。

 

この場合は会社を辞める前に、
転職計画を立てて先に内定を貰ってから辞めた方がいいですよ。

 

 

会社を辞めたい理由3位
休日が少ない、残業が多い

 

この理由で会社を辞めたいという方は、
残業が多く体力的にキツイという意味ではなく、

 

プライベートの時間が
非常に少ないことに不満があるようです。

 

特に家庭があり子供もいる方では、
このような環境では家族との触れあう時間がないことに不満が募るようです。

 

生活をするうえでは仕事で安定した給与をもらうことは大切ですが、
それは家族を支えるため、プライベートを充実させるために働いているので、

 

プライベートの時間がなくなるのは、
本音でいえば転職理由としてはかなり多いのです。

 

 

会社を辞めたい理由4位
給料が少ないことに不満

 

入社はしたものの給料が少なすぎる、
または給与アップの機会が非常に少ないということに

 

不満を持って会社を辞めたい
と考えて転職する方も多くいます。

 

特に自分の力量以下の給料だと判断すれば
転職してもっと給料のいいところに勤めた方がいいですもんね。

 

 

会社を辞めたい理由5位
仕事内容が嫌になって会社を辞めた

 

仕事内容にやり甲斐を感じなかったり、
自分には責任のある仕事を任せてもらえないなど、

 

会社内の仕事内容に不満を
もって辞めるという方も多くいるようです。

 

 

あなたはどのような理由で会社を辞めたいと思っていますか?
こんな理由で会社を辞めてもいいかどうか迷っているという方の、

 

参考になればいいと思います。
本音の部分ではみなさんこのような理由で、

 

会社を辞めて転職していますので、
あなたも当てはまるものがあれば転職を考えてみてはいかかでしょうか?