これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

人間関係に疲れて会社を辞めたい人は?

現在の職場を退職し、
転職するきっかけの理由となるもので、

 

圧倒的に多いのが
「人間関係の悩み」です。

 

会社でセクハラを受けている・・・
上司のパワハラが度を超えている・・・

 

仕事内容に不満はないが上司の意見に納得がいかない・・・
職場の同僚や先輩のいじめに合い会社に行くのがツライ・・・

 

職場の人から無視されたりあからさまな嫌がらせがある・・・
自分がいくら頑張っても努力を認めてくれる人がいない・・・

 

人間関係の悩みは
人それぞれですが当人にとっては深刻な問題です。

 

人間関係を理由に退職することを
「それは単に逃げているだけだ!」と揶揄する人もいますが、

 

1日の多くを過ごす職場の人間関係が
上手くいっていないことは想像以上にツライ環境にあります。

 

ですから人間関係で退職をする人は多く、
それが「逃げ」であるとは決して言えません。

 

人間関係のもつれは、
時に「自分を壊して病気になる」こともあります。

 

頑張りすぎているうちに
体調を壊したり、うつ病を発することだってあります。

 

そうなってしまえば、
その職場での仕事どころか転職も難しくなるでしょう。

 

これ以上は限界だ!という時がきたら、
すぐにでも「転職」を考えるのが自分のためです。

 

人間関係の悩みで退職をしたって、
それが特に問題になるわけではありません。

 

ただ、注意しておきたいのは転職活動をする際に
「人間関係が嫌で辞めた」ということはマイナスイメージになります。

 

そのため以前の会社を辞めた理由を
聞かれた場合は嘘のない範囲でポジティブに返答する必要があります。

 

人間関係が嫌な人にとっては、
毎朝起きて会社に行くのが本当にツライですよね。

 

それは人生の半分、
楽しくない環境におかれているということで、

 

かなり損した人生を
歩んでいるということでもあります。

 

「人間関係が嫌で辞めるのはダメな人だ」
という想い込みを捨て、楽しく働ける環境を探すために、

 

転職活動をするのは、
今後の将来を考えるといい選択であると思います。

 

まずは今の現状で、
自分がどのくらい仕事に不満を持っているのか?

 

ということをこの無料ツールを
使ってチェックしてみるといいですよ!

 

 

仕事の満足度だけではなく、
どうすれば今の現状を変えることができるのか?

 

というアドバイスもついてくるので、
今の環境から抜け出すキッカケにもなるはずです!