これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

長時間労働がきつくて転職したい人はどうするべき?

毎日サービス残業を強いられている・・・
長時間残業したのにもかかわらずそれに見合った給与がもらえない…

 

このように長時間労働に
限界を感じて転職を考えている人は多いですよね。

 

特に役職が上がれば上がるほど、
残業代が給与に組み込まれており、

 

いくら働いても
給料アップにつながらない…

 

さらに酷い会社では、
アルバイト社員の方が残業手当や深夜手当をもらい、

 

正社員や上司よりも、
給料がいいという状態になっている会社もあります。

 

長時間労働が原因で転職を考えるのは、
全く恥ずかしいことではなくむしろ転職すべきです。

 

長時間労働はうつ病を発症したり、
最悪の場合過労死をするということにも繋がります。

 

もし、あなたの会社が長時間労働に
見合う給料を支払っていないとしたらブラック企業と一緒ですよね。

 

そんな会社は、
社員を働かせるだけ働かせ、

 

社員に対して愛情を持っている
会社とは言えないと思います。

 

そんなところで、
長く働くメリットはあるのでしょうか?

 

このご時世、仕事を辞めたら
次の仕事がなかなか見つからないから…

 

という理由で、
過酷な労働状況下で働き続ける人もいます。

 

でも、安心してください。
いくら日本経済が不安定だといっても、

 

転職サイトにはたくさんの求人がのっています。
それも、悪質な環境下を乗り越えてきたあなたであれば、

 

他の転職先ではのびのびと、
本来の自分の力を発揮できるのではないでしょうか。

 

今の団塊世代ではサービス残業は当たり前!
という考えが多くいくら上司に頼んだとしてもあまり改善は見込めません。

 

本当なら経済の流れや時勢に合わせて、
会社側も変わっていかなければいけないんですよね。

 

しかし、昔ながらの風潮が残っている
会社は非常に多くありそういう企業が長時間労働を強いているといえます。

 

転職をする際の面接で
「長時間労働が嫌でやめました。」

 

と言ってしまうのは、ラクしたいだけ・・・
これから入る会社でも、残業はしません・・・

 

と言っているようなものなで、
面接時の返答はポジティブな理由に変えなければいけません。

 

しかし、
長時間労働を続けていれば、

 

絶対に「体調を崩す」
「精神的に追い込まれる」という状態になってしまいます。

 

自分が今の会社で
どんなこと嫌でどんなことに不満を抱えているのか?

 

を自分でしっかりと把握していますか?
そこがはっきりと分かれば転職を決意するキッカケになるかもしれませんよ!