これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

道のりは長い?非正社員から正社員の条件は?

正社員と契約社員といった非正社員はどちらがいいのか?

 

 

これは、それぞれの考え方があるため、
どちらがいい、悪いでは判断することができません。

 

 

例えば安定を求めるのであれば、
やはり正社員が有利ですね。

 

 

家族を持っている、
マイホームを建ててローンを払っている場合、
継続的な収入が必要となります。

 

 

そうなると、安定性のある正社員が有利になる一方、
よくも悪くも会社に使われやすくなります。

 

 

時間や自由を求めるのであれば、
非正社員が有利になります。

 

 

いつ雇用が切られるかはわかりませんが、
責任感や時間においては、
正社員よりもゆるくなる場合もあります。

 

 

とはいっても、非正社員で働き続けると、
安定性のある正社員になりたい、
と考えている方も多いでしょう。

 

 

では、転職して非正社員から正社員になるための条件は、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

 

実は労働契約法により、
2013年4月1日から非正社員になった場合、
5年を超えたら希望によって更新制から無期契約にできる、
と改正されました。

 

 

つまり、5年を超えると、
正社員のような働き方ができる、ということです。

 

 

ただし注意して欲しいのは、
非正社員として1つの会社で5年以上働ける保証はない、
ということです。

 

 

会社側もこの制度を知っていれば、
5年経過する前に雇用を打ち切ることも考えられます。

 

 

また、無期契約になったからといって、
正社員と同じ待遇になるとは限りません。

 

 

ここが意外と見落とされるポイントです。

 

 

あくまで無期限になっただけで
給与体系が変わる保証はありません。

 

 

あわせて、5年後その会社がある保証もなく、
正社員ですらリストラに遭遇することもあるわけです。

 

 

つまり、極論を言ってしまえば、正社員も非正社員も、
そして会社も将来の保証はない、ということです。

 

 

一応、法律上はこのように決められていますが、
会社の方針でガラッと変わる可能性は十分あります。

 

 

それであれば転職する際には、
正社員で募集しているところを
最初から見つけた方が有利になります。

 

 

もちろん誰も将来の保証はありませんが、
非正社員よりも安心して働くことはできるはずですよ。