これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

正規社員と非正規社員の違いは?

会社や企業に転職するにあたって、
正規社員と非正規社員の違いをしっかりと把握しておく必要があります。

 

会社の雇用形態にも様々あり、
これ以外にも契約社員やパート、アルバイトなどもあります。

 

転職活動をする際は、
募集している人材の雇用形態をしっかりと確認しておくことが重要です。

 

中には雇用形態を曖昧にしか記載していないところもあり、
正規社員と非正規社員の区別すら曖昧にしている企業もあります。

 

そうなると、正規社員として採用されたと思っていても、
実は非正規社員としての採用だった…というケースもあるのです。

 

ですから、雇用形態だけは、
しっかりと確認しておかないといけません。

 

・正規社員とは?

 

法律で「正規社員」というものが定義つけられている訳ではありませんが、
一般的には会社で正社員という位置づけのものを正規社員とよんでいます。

 

正規社員であれば年間の契約更新などをする必要もなく、
働く期限が決められていない状態の雇用形態となっています。

 

・非正規社員とは?

 

こちらも正規社員と同様に「非正規社員」というものが、
法律で定義つけられている訳ではありませんが、一般的には、

 

パートタイマー、契約社員、アルバイト
というような雇用形態のことを非正規社員といっています。

 

他には、派遣社員、嘱託職員
というものも非正規社員の部類に分類されます。

 

非正規社員の場合は、正規社員よりも働く時間が短かったり、
期間ごとに契約を更新する必要があるという特徴もあります。

 

正規社員と非正規社員との間では、
働く時間が違うだけではなく待遇も違ってきます。

 

非正規社員の場合は、
社会保険の加入が可能な場合と不可能な場合があります。

 

社会保険とは健康保険や
厚生年金保険のことなので、

 

この部分についても
しっかりと把握した上で応募するようにしましょう。

 

大きく違うのは給料の面です。
働く時間が短くなれば給与が少なくなるのは当然ですが、

 

非正規社員の場合は、
ボーナスや賞与というのが出ないことがほとんどです。

 

会社によっては派遣社員や契約社員、
嘱託職員には出る可能性はありますが、

 

確実であるとはいえないので、
その点も応募の前に確認しておきましょう。