これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

転職の動機をポジティブに変えるコツは?

会社を辞めたい・・・
転職をしたい・・・

 

という人のほとんどは、
転職理由がネガティブなものです。

 

例えば、

 

人間関係がギクシャクしていて疲れた
サービス残業が多すぎる環境に不満がある

 

仕事内容が辛すぎてもう行きたくない
将来の自分を考えてこのままでは不安がある

 

このような悩みを
抱えていると思います。

 

もちろんポジティブな人ほど、
どんな仕事にも前向きなれるので、

 

転職自体しようと
考えないのかもしれません。

 

しかし、転職に成功したいなら、
あなたも仕事に対してポジティブになる必要があります。

 

根本的な部分で
「辞めたい理由」は変わらなくても、

 

転職して
「なりたい自分」をポジティブに想像してみましょう。

 

どんな環境で働きたいのか?
どんなスキルを磨いていきたいのか?

 

どんな人の役にたっていきたいのか?
周囲の人間からどんな風に思われたいのか?

 

転職に成功した自分を想像して、
ポジティブに明るく働いている自分が想像できますか?

 

もし想像できているという人は、
必ずいい転職先が見つかるはずです。

 

なぜならその人は、
働くことに強い希望を持っているからです。

 

そうすると、
志望動機も自然とポジティブになり、

 

熱意を持った自己PRが
できるようになるのです。

 

一方、いつまでも今の環境が
変わるのであればどこでもいい、

 

という思いで転職活動を始めると、
なかなか自分の将来像を想像することができません。

 

結果的に志望動機も薄っぺらいものになり、
本当に自分の会社に入りたいと思っているのか?

 

と思われてしまうのです。
やる気のある人とない人は「見た目」に差があります。

 

服装や髪形というのではなく、
オーラや目の輝きというのが違うのです。

 

転職面接の際は、
必ず転職したい動機を聞かれるはずです。

 

ここでしっかりと自分の意思が
あれば熱意を持って自分の言葉で表現できるのです。

 

まだ将来の自分を想像できない人は、
やりたい事以前に、今の会社を辞めたいという意識の方が強いはずです。

 

将来の自分が想像できない人は、
面白い無料ツールがあるので試してみてはいかがでしょうか?

 

この診断で
どんな職業が向いているのか診断することができます。

 

すぐに診断できますので、
これを参考にして将来像を感がえてみてはいかがでしょうか?