これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

自己破産!転職や仕事への制限は?

あなたにとって仕事をする目的といったら、
それは何になるでしょうか?

 

 

この答えは人によって変わりますし、
その答えの数は1つだけとは限りません。

 

 

ただ、誰でも当てはまることと言えば、
生活をするために仕事をしていますよね。

 

 

ズバリお金をもらうために仕事をして、
あわせて生活をしています。

 

 

そして、仕事をしてもらうお金に関して、
どのように使うかは基本的に自由です。

 

 

・子供のため
・ローンの支払いのため
・趣味や遊びのため
・勉強のため
・老後のため、

 

 

などなど他にもあるかもしれませんね。

 

 

そして、基本的に収入を超えるような支出が続かなければ、
貯金が減って借金をするようなことはなくなります。

 

 

しかし、人によっていろんな事情により、
借金をして最終的には自己破産などの債務整理、
という対応をすることも考えられます。

 

 

そこで気になるのが、
自己破産や債務整理をすることとなった場合、
転職や仕事への制限は出てくるのでしょうか?

 

 

これは、仕事や職種によって状況が変わってきます。

 

 

いくつかありますが、
士業関係、警備に関する業務、お金を扱う業務に関して、
一時的に転職や業務の制限が出ることがあります。

 

 

また、旅行や遠出などの移動制限も起きるため、
遠方に転職を考えている場合には注意が必要です。

 

 

とはいっても、制限を受けない職種や業務もありますので、
そのような場合には制限を受けることはありません。

 

 

仮に制限が受けることがあったとしても、
一時的であり永久に転職することができない、
ということはありません。

 

 

これは合法、違法かは別として、
職種や業種によっては身辺調査を行うことがあり、
それで引っかかって転職できない、ということも考えられます。

 

 

もし、借金などを抱えていて、それでも転職したい場合、
転職中にかかる生活費についてもしっかり準備することが大切です。

 

 

お金に関する問題があると辞めたのはいいけど、
どうしてもそちらに気が散って転職がうまくいかない、
お金もどんどん減る、借金ばかり残る、という悪循環にもなります。

 

 

特に借金をして生活費に苦労している場合、
転職する場合には慎重に検討をしてくださいね。