これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

転職前にチェック!労働基準監督署とハローワークの違いは?

あなたがこれから転職を考えていましたら、
前向きな考え、それとも仕方なくのどちらになるでしょうか?

 

 

前向きな考えは、自分をスキルアップさせたい、
新しいことにチャレンジしたいなど、働く意欲がある場合です。

 

 

その一方で仕方なくというのは、
人間関係の問題から、リストラに合いそう、
給料が安く残業ばかりさせられる、といった場合です。

 

 

特に後者の場合には、いろんな悩みを持っていますから、
相談も兼ねて転職を考えたい場合もあるでしょう。

 

 

そこで、労働基準監督署とハローワークの役割を含めて、
簡単に説明していきます。

 

 

労働基準監督署は、略して労基署とも呼ばれています。

 

 

役割としては、賃金や残業代を払ってもらえない、
労災のトラブルといった場合に、
企業に対して調査や改善を行うことをします。

 

 

では、個人の問題に関して例えばリストラや解雇、
不当な扱いを受けた場合に対応してもらえるのでしょうか?

 

 

残念ながら、そのような個人の問題には介入することはないのが実情です。

 

 

ハローワークの役割としては、
わかりやすいのが求人の案内ですね。

 

 

他には退職したときに支払われる、
失業保険などの手当や申請を受け付けているところになります。

 

 

つまり、退職をしたら少なからずハローワークのお世話になります。

 

 

では、労働のトラブルに対して転職を考えている場合、
相談や解決してもらえるのでしょうか?

 

 

こちらも残念ながら期待に答えてもらえないのが実情です。

 

 

このあたりは警察と同じで個人の問題には介入しない、
介入できないのが実情だからです。

 

 

個人の労働問題に関してどうしても解決するには、
やはり労働に詳しい弁護士に相談するのがベストです。

 

 

しかし、そこまで時間をかけるのがいいのか、
非常に難しいところです。

 

 

その時間をかけるのであれば、
悔しい思いはあるかもしれませんが、
見切りをつけて転職に向けて準備するのも1つです。

 

 

もし、転職活動に対して味方になってくれる人を探していたら、
DODA(デューダ)を使ってみてはどうでしょうか?

 

 

転職に関して実績もありますし、
具体的な転職の進め方の情報もたくさん掲載されています。

 

 

まずはサイトをチェックしてみることをおすすめしますよ。