これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

地元に帰りたいという理由で転職してもいいですか?

社会人になって初めての
就活の際に都会に憧れて、

 

地元とは違う場所に
就職をする人も多くいます。

 

しかし、新しい環境の中で

 

気軽に話せる人がいない・・・
近くに友人がいなくて淋しい・・・
これから友達を作るのが難しい・・・
憧れていはいたけどやっぱり地元が恋しい・・・

 

という理由で、
地元での転職を考える方も多いはずです。

 

私も以前は地元を離れ
都会で就職した経験があり、

 

周囲に心を許せる相手がおらず、
仕事のストレスをする場所もなく苦労した経験があります。

 

しかし、そんな中でも
会社のサークルに参加したり、

 

同僚と食事にいくうちに、
新しい環境にも馴染んで楽しくなってきました。

 

地元に帰りたくて転職を考えている人は、
どのくらいの期間地元を離れているのでしょうか?

 

もし、1〜2年程度であれば、
それは単なるホームシックかもしれません。

 

新しい環境に馴染むのもある程度の時間が
必要ですから会社の環境に不満がないのであれば、

 

転職をもう少し
先伸ばしにしてもいいのかもしれません。

 

しかし、そのようなサークルに参加する勇気もないし、
同僚がいない、会社で仲のいい人もなかなかできないという人は、

 

地元に戻って
転職活動を行うのもアリだと思います。

 

しかし地元に戻って
転職した場合のデメリットもあります。

 

やはり都会の方が基本的な給料が高いので、
地元に戻った場合は給料が安くなるということは覚悟しておく必要があります。

 

特に地元が地方であれば、
給料が半減することもあります。

 

その一方でやはり地元に戻る
ということはメリットもたくさんありますよね。

 

気心の知れた仲間がたくさんいる・・・
住み慣れた環境なので心が落ち着く・・・
結婚して子供が産まれても頼れる相手が近くにいる・・・

 

などあります。

 

自分の居心地のいい会社を見つけるのも重要ですが、
生活環境として居心地のいい場所への転職はいいのではないでしょうか?

 

ただ注意点として、
地方での転職市場は狭いこともあります。

 

転職の求人案件は、
都会であればたくさんありますが、

 

地方ともなると
限られた求人しかなかったりして、

 

自分の希望する職種や
業種の選択肢が少なくなるかもしれません。

 

それでも地元に戻って転職したい!
というのであれば転職サイトを活用していきましょう。

 

転職サイトの転職エージェントを使えば、
非公開案件を開示してもらえますので自分一人で探すよりも、

 

多くの求人情報を見ることが可能です。
また忙しいあなたに代わって求人を探してくれるので

 

在職中に転職活動をする上では、
多いに助けになってくれる存在です。

 

ただし気を付けておきたいのは、
地元に戻るということは面接を受けにいくのにも、

 

交通費がかかったり、
日帰りでは無理ということもあります。

 

会社から連休を貰えるのであれば、
問題ないですが連休をとるのは難しい場合は、

 

一度退職し、地元に戻ってから
転職活動をしないといけない!という選択肢しか残されていません。

 

その辺りを十分に考慮した上で、
本当に地元に転職したいと思っているのか?

 

給料は下がっても不満はないか?
万が一地元に戻った場合本当に満足するのか?

 

このようなことまで想定して、
転職活動を行うかどうかを考えましょう。