これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

転職市場の面接は平均何回ある?

新卒社員の就職活動では、
一次面接、二次面接、中には三次面接まであることがあります。

 

大企業になればなるほど、
面接の回数は多くなるようですが、

 

ほとんどのところで、
二次面接が最後というところが多いようです。

 

気になるのは、
転職活動の面接は何回あるの?ということですよね。

 

転職市場も通常の就職活動と同じく、
企業の大きさや特徴によって面接の回数も異なります。

 

1回の面接で採用が
決まるところもあれば転職の場合であっても、

 

三次面接まで設けているところもあります。
面接の回数が多いほど内定をもらう難易度は高くなりますよね。

 

ところで、
面接の回数は何のためにあるのか?

 

ということを
真剣に考えたことはありますか?

 

本当であればどの企業も
いい人材を見抜くために何回も面接をしたいというのが本音です。

 

やはり1回会っただけでは、
その人の本質を見抜くのは難しいからです。

 

それにせっかく内定を出しても、
辞退してしまう人も結構います。

 

それを防ぐために、
何回も面接を重ねているという理由もあります。

 

二次面接、三次面接まで受けにくる人は、
辞退するっことはないだろう・・・ということです。

 

しかし、1回しか面接をしないのは、
その時間や人材の確保が難しいという企業側の理由もあります。

 

いずれにしても、
何回も面接をする企業はそれなりに大企業であることがほとんどです。

 

有名企業や上場企業以外の場合は、
書類選考後、面接を1回行ったのちに合否判定という流れになっています。

 

転職をする場合は、
在職中に転職活動をしているため、

 

何回も面接のために、
仕事を休むのも難しいですよね。

 

あらかじめ、
応募時に何回まで面接があるのか?

 

を確認しておくといいですよ。
面接は企業側があなたを見る場面ではありますが、

 

逆に言えば、
あなたがその会社の内情を知るチャンスでもあります。

 

会社の雰囲気はどうなのか?
どんな待遇で迎え入れてくれるのか?

 

など様々な情報を
集めて帰ってきて下さい。

 

社内の雰囲気が思っていたよりも悪かった・・・
人事担当や社員の人間関係がぎくしゃくしていた・・・

 

という場合は、
自分から辞退を申し出てても構いません。

 

大切なのは、
今辞めたい仕事の環境と

 

同じようなところには、
就職したくない!という強い意志を持つことです。

 

どこでもいいから内定が欲しい!
といのであれば今の会社にいてもいいと思いませんか?

 

ですからしっかりと
あなたも情報集めをしてきてくださいね。