これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

履歴書を書かずに面接だけの企業があるって本当?

転職活動をするうえで、
必要になるのが履歴書ですよね。

 

履歴書には
今までの職歴やスキルなど、

 

自分の強みとなる部分を記載することで、
相手先の企業に自分をアピールすることができる重要なものです。

 

しかし、
中には履歴書は必要ない!

 

という企業も
少なからずあるようです。

 

その理由として、
すぐに人材が欲しいために、

 

面接をして反応が良ければ、
即採用、明日からでも来てほしい!という場合です。

 

通常どこの企業も履歴書は必須ですが、
小さな会社などはこのような採用法をとっていることもあります。

 

つまり、このような会社の場合は、
「求人に応募した」時点で就職が決まったようなものです。

 

面接に行ったら、
面接で色々と聞かれるよりも、

 

仕事の説明をされて、
そのまま内定決定・・・

 

というパターンが多いようです。
そしていつから出勤可能か?という話の流れになります。

 

転職サイトから応募する場合は、
このような条件で内定が決まることはほぼありません。

 

このような状況になるのは、
大抵人づてで仕事を紹介してもらった場合です。

 

転職サイトに求人をのせるのにも、
お金が発生しますからそのような企業は、

 

いい人材を採用するために、
履歴書や面接にも力を入れています。

 

一方、小さい会社では
面接に力を入れる余裕も求人にお金をかける余裕もないということです。

 

もしその会社が自分の性に合っているのであれば
問題ないのですがとりあえず紹介されたから行っただけ・・・

 

という場合は、
急に内定が決まって逆に困るということもあります。

 

知人などから仕事を紹介された場合は、
その仕事が本当に自分のしたいことなのか?

 

ということを
始めにしっかりと検討することです。

 

一度就職してしまったら、
知人の紹介ということもありなかなか辞められなくなります。

 

社会人の就職活動と違い、
転職活動はいわゆる「天職」を探す絶好のチャンスですから、

 

なるべく自分が本当にやりたい事、
行きたい企業の面接を受けるようにして下さいね!