これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

今の仕事に向いていないと感じて辞めたい人は?

若い世代であれば無事に就職活動を終えて、
会社に入社することができても実は自分には向いていないのではないか?

 

と職種や業種そのものに対し、
自分に合っている仕事ではなかった・・・

 

と後悔し会社に行くのが
嫌になってしまう人も多くいます。

 

このような場合、
ずっとその会社で働き続けるよりも、

 

会社を辞めて新しいところへ
転職した方がいいと思っています。

 

なぜなら自分に合っている仕事ではない場合、

 

毎日が苦痛に感じる・・・
充実した毎日を送れない・・・
自分にあっていないと感じたものは仕事でもミスが増える・・・

 

ということが多いからです。

 

つまり直観的に自分に向いていないと感じた場合は、
大抵の場合直観の方が当たっており、モチベーションが下がるだけではなく、

 

向いていない仕事を続けていくうちに、
やはり仕事のミスが多く自分の評価も下がってしまうからです。

 

もし今の会社がまだ年功序列制をとっており、

 

長く続ければ続けるほど給与アップがある。
勤続年数が長いというだけでキャリアがあると認められる。

 

という会社であるのならば、
そこで辞めずに勤務し続けるという選択肢もあります。

 

しかし今の社会ではやはり本人のモチベーションや
スキルを考慮して給与やキャリアに反映させる傾向が強くあります。

 

ですから向いていない仕事をし続けることは、
結局のところあなたには何もメリットがないこともあるということです。

 

重要なのは、

 

あなたが向いていない会社に勤続するメリットはあるのか?
メリットがないのであれば早めに見切りをつけて会社を辞めるか?

 

ということをしっかりと見極めることです。

 

どちらにしても、
自分に向いていないと感じている場合、

 

ほとんどの方は辞めずに続けたとしても、
どこかでやはり「続けるのは無理」と転職する傾向があります。

 

それならばもっと早いうちに、
自分にあった会社に転職をして、

 

その会社でキャリアを積んでいった方が、
将来的にもメリットが多くあると思いませんか?

 

もし会社を辞めて転職をするのであれば、
今の会社のどの部分が嫌だと感じていることを明らかにすることが必要です。

 

その業界や業種そのものが合っていないのか?
それとも会社の社風が合っていないと感じてるのか?

 

これを自分で把握しておかなければ、
いくら転職したところでまた同じような目にあうかもしれません。

 

転職活動をする際は、
自分に向いている仕事を探すというよりも、

 

自分の嫌なことをしなくてもいい職場を
探すということも視野に入れて転職活動をしましょう。