これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

転職に有利になるスキルって何ですか?

転職活動をする上で、
重要になってくるのが自己PRです。

 

そこで悩むのが、
自分にはどんなスキルがあるのか?

 

ということだと思います。
そもそもスキルって何をアピールすればいいのか分からない。

 

という人も
実際のところ多いはずです。

 

スキル=資格
と勘違いしている人も多いですが、

 

スキルと資格は
似ているようで全く違います。

 

資格はその仕事の専門的な知識を
ある程度持っているという証拠のようなものです。

 

そして国家資格のように、
専門の資格を持っていないと就職できない職業もあります。

 

看護師や医師、薬剤師などの医療系の業種の他、
食品管理衛生士や危険物取扱の資格が必要なこともあります。

 

簿記など在宅で取得できる資格もありますが、
あくまでも民間が発行している資格なので国家資格とは全くの別物です。

 

資格がないと就職できない業種以外は、
資格を持っているかいないか?はそれほど重要ではありません。

 

重要なのは「スキル」が知りたい訳です。
ここでじゃあスキルって一体何なの?と思いますよね。

 

会社や採用者が求めているスキルというのは、
ずばり会社で即戦力となることができる力のことです。

 

例えば、

 

コミュニケーション能力
仕事の効率化を図る能力
仕事を捌くスピード能力

 

というようなものがあげられます。

 

このように知識とは違って、
あなた自身の能力のことをスキルというのです。

 

スキルが高いほど、
仕事ができると判断されます。

 

ですからいかにして
自分のスキルをアピールできるか?

 

ということを考えて
履歴書を書いたり面接対策をしなければいけないのです。

 

まだ在職中の身であるなら、
今のうちに少しでもいいのでスキルを磨いておくことです。

 

どんなに辞めたい会社であっても、
次の転職に生かせるようなスキルを自分で磨くことは可能です。

 

そうすることで、
転職活動で内定をもらうまでの、

 

モチベーションにもなるはずです。
早く辞めたいから嫌々仕事をするのではなく、

 

次に生かせるスキルは
とことん磨いておく!という気持ちで転職活動に望むようにしましょう。