これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

在職中の転職活動中、応募先から電話がかかってきたら?

転職活動は、
在職中に行うが一番ベストです。

 

仕事の合間を見て
求人案件を見て応募することになります。

 

エントリーや面接までは、
メールでのやり取りでOKだったものが、

 

採用の時になると、
電話がかかってくるというケースもありますよね。

 

しかし、
仕事をしていて電話に出れない場合もあります。

 

そうならない為には、
あらかじめ「連絡はメールでお願いします」という旨を

 

企業側に
しっかりと伝えておくことが重要です。

 

面接時に話すのもいいですし、
履歴書やエントリーシートを記入する際に、

 

一言添えておくこともできます。
何時以降なら電話に出れますなどと書いておくのもOKです。

 

それでも、それを見落として応募先から
電話がかかってきてしまうこともあるかもしれません。

 

勤務中はもちろん携帯を持っていない時もありますし、
仕事が忙しくて電話のコールに気が付かない時もあります。

 

そんな場合に備えて、
留守番電話機能はONにしておくことが重要です。

 

留守番電話機能を使っていれば、
相手が用件をメッセージとして残してくれる可能性がありますし、

 

電話がかかってきたのであれば、
自分から折り返し電話をすることも可能です。

 

電話でやり取りをする場合は、
一つ注意しておかなければいけないことがあります。

 

それは電話が繋がる時間帯です。
自分が勤務中は電話にでることができませんよね。

 

勤務が終わって折り返し電話をかけようと思うと、
相手の企業もすでに就業時間を過ぎているという可能性もあります。

 

ですから折り返し電話をかける場合は、
休憩時間や昼食時などの時間を使うようにしましょう。

 

昼食時の場合は、
相手も同じように休憩をとっている可能性もあり、

 

ここでも、
連絡がとれないということもあります。

 

在職中に転職活動をする場合は、
このように電話でのやり取りがネックになることも多いので、

 

できる限りは、
メールでやり取りできるようにしておくことがベストです。

 

言うまでもありませんが、
会社の休憩時間を使って折り返し電話をする場合は、

 

周囲の同僚や同じ職場で働く人に、
見つからないように注意しておいてくださいね。