これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

自分の時間を犠牲にして働いている人は?

朝早く出勤し帰るのは深夜を回ってから・・・
仕事ばかりしていて家族にもほろんど会えない・・・

 

こんな風に、
1日のほとんどを仕事の時間に当ててしまい、

 

自分の時間や家族と過ごす時間がとれなくて、
今の労働環境に不満や疑問を抱いている人は多くいると思います。

 

毎日がこんな過酷な労働環境で
それを延々とくりかえすだけの毎日は楽しくありませんよね。

 

このように自分の時間が
全て仕事で占領されてしまうと

 

うつ病を発する確率が
非常に高くなってしまうといいます。

 

この方のように、
自分だけが長時間労働している気がする・・・

 

という人には
いくつかの特徴があります。

 

・真面目な人
・几帳面な人
・責任感が強い人
・自分は仕事でうつにはならないと思っている人

 

などです。

 

日本人は平均的な特徴として、
真面目に仕事に取り組む人が多くいます。

 

それは日本ならではの特徴で、
世界的にも評価されているいい一面です。

 

しかし、それが悪い方向に向かうと、
一気に体調面も精神面も崩してしまうことにもなりかねません。

 

特に、自分だけ長時間労働をしている気がする
という場合は社内の風潮をしっかりと守っていたり、

 

任された仕事を
徹底的にやり抜かないと落ち着かないという人が多いです。

 

しかし、このような労働環境は、
本来一人だけに任せるのではなく、

 

他の社員と分担して一人だけに
作業労働を押し付けているのはよくありません。

 

そのことから言えば、
自分だけ長時間労働をしているのは、

 

転職をする動機として、
立派に成立するということです。

 

さらに、一人だけに長時間労働をさせたれている場合、
他の人が残業を断ったりできるのに対し断ることができないということも原因です。

 

自分の中では会社や上司に対して、
言いたいことがあるのに言えない環境ってありますよね。

 

もし、これまで残業をしていたのであれば、
今更自分の残業を減らしてほしいともいいにくいものです。

 

そすうると周囲の人間は
「NO」と言えない人に仕事を押し付けてきます。

 

それが今の自分だけが長時間労働になっている
という現状を無意識のうちに会社の常識にしてしまっているのです。

 

長時間労働が続くと、
家族がいる場合家族関係が崩れてしまったり、

 

子供のふれあいがなくなり、
自分だけが家族の中で取り残されたような感じにもなります。

 

長時間労働に対して不満や疑問を
抱いている場合は仕事以外のことも

 

考えて、
将来的に自分はどうしたいのか?

 

ということをしっかりと設計しておくと、
転職をするべきか今の会社に在職すべきか?

 

結論を出すことが
できると思います。

 

真面目な人ほど悩みを抱え込んでしまう人が多いので、
そのような人はこのような無料ツールを使って、

 

自分が仕事において一番重要視していることは何か?
今の労働環境で何を一番ツライと感じているのか?

 

ということをチェックしてみると、
客観的に自分を把握できるので、

 

会社を辞めて
転職するキッカケになるかもしれません。

 

無料で使えるツールなので、
気軽に試してみるといいですよ!