これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

残業が多すぎて会社を辞めるべきか悩んでいる人は?

その日の仕事が終わらないと帰らせてもらえない・・・
しかもその日に終わらせられる量ではないことはあきらか・・・

 

こんな風に長時間労働を
毎日強いられ続けられているために、

 

会社を辞めてしまいたい
と考えている人は多くいます。

 

労働時間が理由で辞めたい人の多くは、
極端に残業が多く休日返上も酷い場合です。

 

あまりにも過酷な労働状況で
働き続けると自分で異変を感じたとしていても、

 

なかなか抜け出せずに、
最悪の場合過労死してしまうことだってあります。

 

うつ病を発する割合も多く、
そうなれば転職して働くということも難しいですよね。

 

長時間労働をきっかけにして、
生活することが困難になってしまうこともあるのです。

 

このように、健康を害するほど
長時間労働をさせている会社には、

 

長く務める必要はなく、
むしろ長く務めているほど自分が壊れていきます。

 

ですから、
できるだけ早く退社して転職するのがいいでしょう。

 

しかしそこで気になるのが、
会社が未払いにしている残業代ですよね。

 

退職すること決めたら、
辞める前にの未払いの残業代の支払いを求めることもできます。

 

会社がそれを認めて割増賃金を
支払う意思があれば貰えるので退職の意思を伝えると

 

同時に、残業代の未払いの支払いを
求めてみるのも一つの方法ではあります。

 

しかし、会社がそれに応じるようなところであれば、
最初から極端な長時間労働を強いるようなところではないはずです。

 

ということは、
やはり残業代は断固として支払わない!という意思を示す可能性もあります。

 

未払いの残業代の支払いを求めるのであれば、
前もって、会社のタイムカードとは別に自分の出勤簿や、

 

自分の勤務時間を記録したメモを
毎日しっかりととっておくことが大切です。

 

要するに自分はこれだけの残業をしてきた
という証拠をしっかりと示せるものが必要なのです。

 

退社して転職していると決めているのであれば、
このくらいしっかりと用意してから会社に請求するのも一つの手です。

 

しかし、できるだけ事を大きくせず
円満退社に持っていきたい場合はそのような事はせずに、

 

1日でも早く
他へ転職することをおススメします。

 

今の会社を辞めて転職活動に
動き出すためにも自分が今の会社にどのような不満を抱いているのか?

 

ということを
しっかりと把握してから転職活動に望むといいですよ!

 

そのようなことを自分で分かっていると、
次の会社ではそういう嫌な思いをしなくてもいい会社を

 

探すことができるので、
今よりも環境のいい状態で働けるようになるはずです!