これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

未納発覚!退職後に厚生年金の請求はできるの?

あなたは日々、忙しく働いていると思いますが、
そもそも何のために働いているのでしょうか?

 

 

特に仕事が忙しいと、そのようなことを
落ち着いて考えている余裕はないかもしれませんね。

 

 

忙しくても、ホっと一息ついたときに、

 

 

「一体自分は何のために働いているんだろう・・・」

 

 

と、突然やってくることがあったかもしれませんね。

 

 

そして、こういう働き方は望んでいない、
というのに気づいて転職を考えるようになった、
ということもあるでしょう。

 

 

仕事をする目的はいくつかあります。

 

 

例えば、

 

 

・今の生活を維持するため
・欲しいものを買うため
・将来のため

 

 

など他にもあるでしょう。

 

 

特に最後の将来のためについては、
若い方であれば実感がないかもしれませんね。

 

 

でも、30代、40代と年齢が上がるに連れて、
将来の老後のことも気にするようになります。

 

 

そこで、年金などの社会保険料を納めることで、
将来の老後の備えをするための貯金をしているんですね。

 

 

特に会社勤めの場合には厚生年金を支払い、
手続きは会社がすべて行い給料からも天引きされます。

 

 

ところが退職してから、
会社で厚生年金の未払いが発覚した場合、
それを請求することはできるのでしょうか?

 

 

まずは日本年金機構のサイトから
「ねんきんネット」を通して、
厚生年金の支払い状況を確認してくださいね。

 

 

あわせて給与明細も用意しておいてくださいね。

 

 

そしてあなたの心配していることは、

 

 

「厚生年金の未払い分の請求があなたに来ないか?」

 

 

ということかもしれませんが、
これについては安心してください!

 

 

厚生年金の支払いは会社責任となるため、
あなたが代わりに支払う義務はありません。

 

 

また、厚生年金の未払いがあっても、
資格取得の期間が退職したときまで登録されていれば、
その分将来の年金が減らされることもありません。

 

 

ただし、年金に関しても転職に関しても、
自分の身は自分で守るという考えはとても重要です。

 

 

在職中であっても会社の経営が危なくなって、
厚生年金などの未納の恐れがある場合も
早目にチェックしましょう。

 

 

詳しいことは証拠となる書類を用意して、
日本年金機構に確認してもらうことをオススメします。