これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

退職後の健康保険料の免除ってどういうもの?

会社を今すぐに辞めてしまいたくて、
次の内定が決まる前に辞めてしまうこともあります。

 

この時に、
忘れてはいけないのが健康保険の加入です。

 

通常会社に属していれば、
健康保険に加入しています。

 

しかし、退職をすれば
「資格損失届」というのを出さなければいけません。

 

この時、転職先が決まっているのであれば、
スムーズに次の保険に加入できるのですが、

 

一度退職してしまい、
会社に属さない期間があると自分で保険に入らないといけないのです。

 

健康保険は必ず加入しておく必要があります。
今でも病院に行くことがあると思いますがそれは、

 

健康保険に加入しているから、
自費で支払う分は3割りですんでいるのです。

 

仮に、もし加入していない間に
事故や病気になってしまったらすべてを自費で出さなければいけなくなります。

 

そんなことになれば、
大変困った事態になりますよね。

 

そうならない為にも、
先に会社を辞めてしまって

 

これから転職活動をして、
次の就職先を見つけよう!と考えている方は、

 

必ず自分で「国民健康保険」に
加入をしておくことが大切です。

 

実は国民健康保険って、
会社で入っていた保険よりも高いんですよね。

 

始めは支払う金額の違いに
驚くかもしれませんね。

 

会社勤めをしている場合は会社や企業が
保険料の約半分を負担してくれていたので、

 

単純計算でも
2倍の金額になるということです。

 

うつ病などやむを得ない状況で会社を辞め、
その後働くことができないという人は「減免」という制度があります。

 

この制度を使うと、
保険料が割引されるという仕組みです。

 

ただ健康保険料の減免を受けるには、

 

・天災(津波、台風等)で住宅が破損した場合
・生活保護を受けることが決まった場合

 

という稀なケースでしか、
受けられない制度となっています。

 

誰でも健康保険料の減免を受けられる訳ではないので、
できるなら高い国民健康保険に加入しなくて済むように、

 

スムーズに転職内定を貰ってから、
転職先に就職するのが理想なのです。