これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

ハローワークでの転職活動が不利になることがあるの?

転職活動において、
ハローワークで就職先を見つけたからといって、

 

それ自体が不利になってしまうことはありません。
ですからハローワークも転職サイトと同時に利用して構いません。

 

しかし、
気を付けておきたいのは、

 

ハローワークの場合は、
助成金目当てで募集をかけている企業も中にはいるということです。

 

転職サイトなどに求人をのせる場合、
企業側はお金を払わないといけませんが、

 

ハローワークの場合は、
求人情報を無料でのせられるので、

 

企業側からすれば、
ハローワークはとても便利な場所なのです。

 

ですから転職サイトと比較して、
ハローワークには載っているけれども、

 

転職サイトには載っていないという会社は、
それだけの掲載料を払えない企業か助成金目当ての可能性もあります。

 

誤解がないように言っておきますが、
全ての企業がこれに該当する訳ではありませんよ。

 

あくまでも、
一部の企業や会社でこういうところもあるということです。

 

言い換えてみれば、
両方に掲載されている企業は経営も安泰と言えます。

 

ハローワークに掲載されていなくても、
転職サイトに登録されている企業というのは多くあります。

 

さらに言えば、
求人情報というのは実は未公開案件の方が多いのです。

 

それを握っているのが、
転職エージェントという人達です。

 

転職サイトやハローワークから応募しても、
なかなか採用されないという場合は倍率が高いという時があります。

 

全ての人に公開されている案件なので、
人気の職種や企業であれば応募が殺到するのは当然ですよね。

 

それに比べて、
非公開案件であれば、

 

それほど競争率が高くなることはありません。
何よりも非公開案件を紹介してもらえる場合は、

 

あなたのスキルや経験に基づいたものを
紹介してもらえることがほとんどですので、

 

採用される確率も
高くなるということなんです。

 

このようにハローワークでの転職活動が
不利になることはありませんがハローワークだけであれば、

 

それが転職活動において、
他の人よりも不利な条件になっていることはあり得ます。

 

だからといって、
やみくもに転職サイトに登録しても、

 

沢山の求人に目を通すだけで疲れてしまいますし、
どこに応募すればいいのか自分で混乱してしまいます。

 

とりあえず転職業界最大手の
リクナビネクストに登録しておけば安心です。

 

まだ登録していない人は、
登録してみてハローワークに掲載されている求人と

 

どれほど情報量が違うのか?
というのを自分で確かめてみるといいですよ。