これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

結婚が決まっている場合の転職活動は不利になる?

結婚を機に転職活動を
しようと考えている女性も多いと思います。

 

その理由として、

 

・寿退社だと円満退社ができる
・結婚を機に地元に帰ることが決まっている
・家庭と仕事を両立するために転職をする

 

というようなものがありますよね。
結婚をする場合は、転職するにもいい機会です。

 

まず、
寿退社であれば円満退社が可能ですので、

 

辞める理由をアレコレ考える必要もありません。
また転職活動の際に退職理由としても申し分ありません。

 

今の会社に不満を抱いているのであれば、
この機会に転職をするのもいいのではないでしょうか?

 

女性の場合は特に、
男性側の収入も増えるので、

 

パートやアルバイト勤務に
変更するのもいいと思います。

 

しかし、一つ注意しておかなかれば
いけない点があるのでそれに注意しておきましょう。

 

それは若い人の場合、
結婚をすると妊娠する可能性が高いということです。

 

転職側もそのことを危惧して、
転職面接で「いつ子どもをつくる予定か?」

 

ということを
聞いてくることもあります。

 

もちろんプライベートな質問なので、
それに必ず答えなければいけないという義務はありません。

 

しかし、採用する側としては、
採用してからすぐに妊娠して仕事を休まれては困る。

 

と考えているのも事実です。
ですから「すぐにでも子どもが欲しい」と答えると不利になるケースもあります。

 

とはいっても、
結婚をした女性が妊娠する可能性があるということは、

 

採用する側も想定範囲で考えているはずですので、
転職に不利になるのでは?と心配し過ぎる必要はありません。

 

結婚を機に転職を考えているのであれば、
産休・育休・育児休暇の制度があるところがいいでしょう。

 

それも実際にその休みを利用した実績が
あるというところへの転職が望ましいです。

 

中には募集欄には書かれているにも関わらず、
後になって「うちはそういう実績はこれまでない。」と

 

言われてしまい、
結局辞めざるを得ない状況になってしまうからです。

 

そうすると、
妊娠中・育児中は働けないので、

 

失業手当ももらえませんし、
当然育休中の給料もでなくなってしまいます。

 

そうなると家庭にかかる負担が
増えてしまうということにもなり兼ねません。

 

結婚後、出産を望んでいる場合は、
このようなことを想定して次の転職先を探しましょう。

結婚が決まっている場合の転職活動は不利になる?関連ページ

別に収入源がある場合は先に退職してもいいの?