これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

退職したい意思はいつ伝えるのがベスト?

会社を辞めたい人は、
いつそれを伝えればいいのか悩みますよね?

 

内定先が決まってから伝えるべき?
それとも辞めたいと思った時に伝えるべき?

 

このようなことで、
どうすればいいのか悩んでいる人は多いはずです。

 

今の会社を退職したい!
と思った時はまず最初にしてほしいのが、

 

「本当に退職の意思は固まっているのか」
を自分でしっかりと考えてから行動に移すことです。

 

嫌なことがあったり、
人間関係に疲れてしまうと、

 

誰でも
もう会社を辞めたいと考えてしまいます。

 

しかし、本当にそれでいいのか?
ということを冷静になって考えてみましょう。

 

転職をするというのは、
人生の転機にもなりえることです。

 

これを一時的な感情で、
衝動的に退職を決意するのは辞めましょう。

 

曖昧な考えのまま
退職をすることを伝えてしまうと、

 

後でやっぱり取り消すというのは、
まず不可能だと思っていてください。

 

転職を取り消したとしても、
「この人はいつか辞めるんだろう」

 

と周囲の人は
「いずれ辞めていく人」と認識します。

 

そうなると自分のキャリアにも関わりますし、
職場環境としても働きづらくなる可能性があります。

 

本当に退職したいのかどうかは、
まず「シゴト満足度診断」というのを受けるのがおススメです。

 

無料で使える診断ツールなのですが、
これで自分が今どのくらい仕事に不満を抱えているのか?

 

ということが分かります。
もしそんなに不満を持っていないのであれば、

 

一時的な感情で
会社を辞めたいと思っているだけの可能性もあります。

 

また、辞めたい理由があったとしても、
それを改善することができれば辞める必要はありませんよね。

 

シゴト満足度診断では、
自分が不満に思っていることの改善策も示されています。

 

退職を決意するのは
この改善策を試してからでも遅くはありません。

 

給料に不満はないが人間関係に不満な場合、
本当に給料が下がってでも転職したいですか?

 

仕事の環境としては恵まれているが、
どうしてもウマが合わない上司がいるという場合、

 

その上司がいずれ転勤や
転職をしていなくなる可能性はないでしょうか?

 

このように、
自分が転職をしないでも、

 

周囲の環境が変わることで、
働きやすい環境になることもあります。

 

シゴト満足度診断は、
@typeという転職サイトに無料登録さえすれば診断できます。

 

退職したい意思を伝えるのは
この診断をしてさらに改善策を試してからでも遅くはありません。

 

それでも環境が変わらず自分の転職の意思が
しっかりと固まったのであればその時に伝えるようにしましょう。