これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

ライバル会社への転職ズバリOK?

隣の芝生は本当に青いのか、それとも対岸は大火事なのか?

 

 

転職をしようと考えましたら、
その辺りで不安を感じるのではないでしょうか?

 

 

やはり転職をすることを決めたら、
少しでも自分のスキルを次のところで活かしたいはずです。

 

 

もちろんまったく経験のない、
畑違いのところにチャレンジするのも自由です。

 

 

その一方で転職をしない、というのももちろんアリです。

 

 

でも、今のあなたの頭の中は、今働いているところよりも、
隣の芝生の青さに見とれているのではないでしょうか?

 

 

その青さに感じる魅力は、
給料かもしれませんし待遇かもしれません。

 

 

他には今の職場の人間関係が嫌だ、
やりたいことができる、といったことかもしれません。

 

 

そこで、その魅力に感じるところが
あなたのライバル企業だったとしたら、
そこに転職してもOKなんでしょうか?

 

 

もちろん基本的に問題はありませんので、気にしなくて大丈夫です。

 

 

プロ野球であれば移籍という方法で、
今までのライバルチームに行くことは当たり前ですからね。

 

 

それを禁止したら、どこにも行くことはできませんよね。

 

 

ただし、ライバル企業だからこそ、
転職前に注意するところがあります。

 

 

当然ながら内部の事情や情報を持っていますから、
それを転職先に持って活用することはできます。

 

 

しかし、会社の機密情報や個人情報、
著作権や特許に絡むもの開発中の情報などは持ち出すことは禁止です。

 

 

そして、上司や同僚などから転職先を聞かれたとしたら、
そこは話さないほうが無難です。

 

 

その際に、同業やライバル会社に行くのを避けるため、
誓約書を書かされることも考えられます。

 

 

基本的には職業選択の自由が優先されるので、
ライバル会社に行ったとしても、問題はありません。

 

 

大切なのは在職中の機密情報や個人情報などを
持ち出さないということです。

 

 

では、誓約書を書く代償として
退職金を多く支払うという条件があった場合、
ライバル会社に行ったらどうなるのでしょうか?

 

 

この場合には訴えられて、
損害賠償を払う可能性があるため注意が必要です。

 

 

もし、ライバル会社に転職したいけど、
このようなところで引け目を感じていたら、
転職サイトのDODA(デューダ)に相談することをおすすめします。

 

 

転職は誰にも守られない会社からの保証もないからこそ、
心強い相談相手になってくれること間違いないです!