これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

出して大丈夫?会社独自のノウハウって何?

あなたが転職するときに持ち出せるものといったら、
何になるでしょうか?

 

 

ここをしっかりと知っておかないと、
場合によっては後でトラブルになることもあるからです。

 

 

そして、雇用する側は何を基準に採用しているのでしょうか?

 

 

当然ながら、あなたの働きぶり、実績、
そして今まで培ってきたノウハウやスキルになります。

 

 

実際に転職するときには、
雇用する側もその点を見て慎重に選ぶわけですね。

 

 

あなたとしても、今まで培ってきたノウハウやスキルを
発揮できる転職先を見つけているはずです。

 

 

とはいっても、あなたとして在職中に得たノウハウやスキルを
持ち出すことに抵抗を持っているかもしれませんね。

 

 

そこで、会社独自のノウハウやそうでないものは何なのか、
事例を説明していきましょう。

 

 

あなたが営業をしていましたら、
セールスやプレゼンテーションのノウハウを持っているはずです。

 

 

このようなノウハウは著作権に触れることがないため、
使っても問題ありません。

 

 

ただし、社内で作成した独自マニュアルは
会社に著作権があるため、返却する必要があります。

 

 

あなたがデスクワークをしていましたら、
WordやExcelを使って資料を作っているはずです。

 

 

例えば、Wordの書式設定やExcelの関数の使い方などは、
すでに本やネットで調べれば公開されている情報です。

 

 

これらのノウハウは誰もが知っている情報ですので、
使っても問題ありません。

 

 

ただし、社内で作成した資料を持ち出すのは
著作権に触れるため、持ち出すことは禁止です。

 

 

そして、個人のパソコンに入っている
会社の資料、プリントした資料も破棄または必ず返却が必要です。

 

 

特にクラウドを使ってネット上にアップしている
ファイルの中身も必ず確認してくださいね。

 

 

あなたが飲食店で働いていましたら、
調理方法やレシピを持っているはずです。

 

 

これらの情報は著作権に触れないため、
その情報を元に料理を作っても問題ありません。

 

 

ただし、調理方法などで特許を持っている場合、
それをマネすることはできません。

 

 

簡単に事例を書きましたが著作権の状態はどうなのか、
会社の所有物なのか、法律上でどうなのか、
などによって会社独自のノウハウかどうかが変わります。

 

 

ただし、転職後も守秘義務は発生するため、
その点だけは十分留意してくださいね。