これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

退職を引き留められた時はどう対処すればいい?

退職したいということを
上司に伝えた場合引き留められることもありますよね。

 

引き留められ方にも
2つのパターンがあります。

 

一つは
「会社に必要な人間だから残ってくれ」と言われるケース。

 

これは自分としては
嬉しいことですが退職の決意が固まっているのであれば、

 

しっかりとそれを
伝えることが必要です。

 

場合によっては、
待遇面を良くするから残ってくれ!

 

と強く言われることもあるかもしれません。
給料の値上げや希望の部署への異動ということです。

 

このような条件を出された場合、
退職の決意が揺るいでしまいがちですが、

 

むやみに
本気にするのは危険です。

 

それを言った上司に
本当にそんな権限があるのか?

 

まずここが重要です。
引き留めるための口実ということで、

 

あとからその条件を
うやむやにされてしまうことも結構あります。

 

そうなってしまうと、
辞めるタイミングを失ってしまうだけではなく、

 

一度辞めるといった矢先、
会社に居づらくなってしまうのは自分です。

 

ですから引き留められたとしても、
十分に辞める決意ができているのであれば、

 

それを押し通してしまった方がいいでしょう。
残ったとしても評価が下がったり昇進にも影響が出る可能性もあるからです。

 

そしてももう一つのパターンとして、
「ここまで育ててやったのに恩をアダで返すのか!」

 

と叱られてしまうパターンです。
こんな場合は言うまでもありませんが、

 

きっぱり
退職したいという意向を押し通しましょう。

 

このような引き留め方をする会社の場合、
言い方は悪いですが会社の人間を駒のように扱っているところです。

 

このような会社であれば、
辞めたくなるのも当然です。

 

おそらくあなただけではなく、
他の人も辞めたいと思っているかもしれません。

 

他の人が先に退職してしまえば、
さらに人員が減って自分が辞めにくくなってしまうので、

 

先に辞めて、
他の会社に転職した方が自分のためにもいいはずです。

 

いずれにしても、
退職すると伝えに行く時は、

 

「どんなことがあっても退職する」
という強い意志を固めてから報告しましょう。